税理士ドットコム - [配偶者控除]年末調整、社会保険などについて - 今年から配偶者特別控除が、変わります。ご主人の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 年末調整、社会保険などについて

年末調整、社会保険などについて

社会保険加入のパートに本年度勤めています。今月退職予定で年収は150万前後になります。
昨年度までは103万円までの収入で扶養家族として主人の会社で年末調整しておりました。
今年度から税の法律が変わったと聞き、私の場合、主人の扶養で年末調整可能か自分で確定申告かどちらになるのでしょうか?
また、来月から無職となり収入が無くなります。
健康保険などは主人の扶養になれるのか?自分で国民年金、国民健康保険に加入しなければいけないのか、どちらになるのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありませんが、力を貸していただけたらありがたいです。宜しくお願いします。

税理士の回答

今年から配偶者特別控除が、変わります。
ご主人の所得が900万円以下であれば、配偶者の給与収入201万円以下は、3万円~38万円の控除が受けられます。
パート先を退職されたら、ご主人の社会保険の扶養の手続きをされたら良いと考えます。

奥様の今年の収入が150万円とした場合の給与所得の金額は、150万円-65万円=85万円となります。この場合にはご主人は配偶者控除は適用できませんが、配偶者特別控除を適用できる可能性があります。
下記サイトをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1195.htm

また、来月から奥様の収入が無くなる場合には、社会保険に関してはご主人の被扶養者に該当することになります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3163/1959-230
その場合には「健康保険被扶養者異動届」をご主人が勤務先の会社に提出して、会社に所定の手続きを行って頂く必要があります。
こちらは下記サイトをご参照ください。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141202.html

お二人の先生、ご返答ありがとうございます。 詳しく教えていただき、理解できました。
もう一点お聞きしたいのですが、収入が150万円越えてしまった場合、自分で確定申告、国民健康保険と国民年金加入という考えで大丈夫でしょうか? 再度申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

ご連絡ありがとうございます。
奥様の収入が150万円を超えた場合、あるいは150万円を超えなかった場合でも、次の場合には確定申告が必要になります。
(給与収入-給与所得控除額)-所得控除の金額 > 0円

給与所得控除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm

所得控除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1100.htm

給与収入が150万円くらいになりますと、会社で年末調整されない場合には確定申告が必要になるケースは多いと思われます。
また、仮に上記の算式でゼロ円以下となっても、毎月の給与から源泉税を引かれていた場合には、確定申告することで税金が還付されますので申告したほうが得になります。

また、社会保険の扶養に関しては、今年の収入ではなく「今後の収入見込み」で判定します。今月退職されて、来月から収入がなくなる場合には、その時点でご主人の被扶養者になれると思います。
詳しくは社会保険労務士か年金事務所にご相談ください。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/

本投稿は、2018年11月13日 05時57分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,123
直近30日 相談数
1,201
直近30日 税理士回答数
2,402