税理士ドットコム - [配偶者控除]専業主婦の確定申告 在宅・チャットレディ・メールレディ - 1.ご相談者様の所得(雑所得)が、以下の様に38万円...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 専業主婦の確定申告 在宅・チャットレディ・メールレディ

専業主婦の確定申告 在宅・チャットレディ・メールレディ

現在専業主婦をしています。
2019年の収入として、ランサーズでの在宅ワーク報酬・メールレディの報酬・チャットレディの報酬があり、現段階で計40万程度の収入があります。見込みとして今年中に合計55万ほどの売上になると思うので確定申告をするつもりです。

そこで質問なのですが、
・所得38万を超えるため扶養控除は外れることになるかと思いますが、扶養特別控除を旦那がうけることはできるのでしょうか?特別な手続きなど必要ですか?

・私が扶養を外れたことで旦那が給料から引かれる金額はかなり上がるのでしょうか?

・旦那にはランサーズの仕事のみを伝えているため、チャトレ・メルレの仕事はばれたくありません。扶養控除から外れたことで旦那に仕事内容の全てはわかってしまいますか?

・青色申告の申請をしていないため、白色で行うつもりです。確定申告を白色ですると10万円の控除があるとネット記事に書かれていたのですが、誰でも受けられるものなのですか?その場合、売上−経費−38万の控除−10万となるのでしょうか?

・38万を超える所得に税がかかるということですが、その税はいくらくらいになりますか?
仮に15万の所得があった場合の計算を教えてください。

長々と申し訳ありません。
よろしくお願いします。

税理士の回答

1.ご相談者様の所得(雑所得)が、以下の様に38万円超えますと、ご主人の扶養から外れ、ご主人は配偶者控除38万円は受けられなきなります。しかし、所得金額が38万円超85万円以下であれば、ご主人は配偶者特別控除38万円を受けられます。これは、年末調整で会社に申告書を提出して受けることになります。
2.ご主人は、配偶者控除38万円は受けられなくても、配偶者特別控除38万円(所得金額が85万円以下の場合)は受けられますので所得税の金額に影響はないと思います。
3.年末調整の申告書には、収入金額、経費、所得金額だけの記載になりますから、仕事内容までの記載は要求されていないため情報が漏れる心配はないと思います。
4.白色申告の場合は、残念ながら青色のような65万円控除、10万円控除はございません。
5.雑所得金額15万円の場合の税金の計算は、以下の様になります。
収入金額-経費=雑所得金額15万円
15万円-基礎控除額38万円=課税所得金額0
従いました、所得税は0になります。

早速の回答ありがとうございます!

配偶者特別控除の件、受けれるということなのですがこれは私の所得(収入−基礎控除額38万)が38万円以上のときしか受けれないのでしょうか?このペースだと基礎控除額を引いた所得は15万程度なので…。

最後の所得税の質問ですが収入−経費=15万の場合の税の金額を教えて頂けますか?説明が下手ですみません。

1.配偶者特別控除は、所得金額(収入金額-経費)が38万円超85万円以下の時に受けられます。所得金額が38万円以下であれば、ご主人の扶養内になり、ご主人は配偶者控除38万円を受けられます。
2.所得税は、以下の様に計算されます。
課税所得金額0 x 税率=所得税0
所得金額が38万円を超えると以下の様に所得税が出ます。所得金額を仮に40万円とします。
所得金額40万円-基礎控除額38万円=課税所得金額2万円
課税所得金額2万円 x 税率5%=所得税1,000円
所得税1,000円+復興税(1,000円x2.1%=21円)=1,000円(百円未満切捨)



なるほど、まず所得額の認識から間違っていました。
所得額=収入−経費
基礎控除は別物なのですね。

配偶者特別控除は問題なく受けれそうです!

配偶者控除から配偶者特別控除に切り替わるとき、申告書を出すというお話でしたが、そうなると旦那本人に配偶者特別控除になる旨は知られますよね?
また、この配偶者特別控除の他に旦那の給料から引かれる部分で変更される点はあるのでしょうか?
私自身も所得税の他に住民税を払うこととなると思うのですがそれは確定申告をする金額分のみと考えて間違いないでしょうか?

1.ご相談者様の所得金額が38万円を超えることが確実になった時点で、ご主人は会社に扶養控除等申告書の再提出(扶養から外す申請)が必要です。ご主人はそこで分かると思います。配偶者控除がなくなれば、毎月の所得税が高くなります。しかし、年末に配偶者特別控除を受ければ所得税は年末に精算されます。
2.扶養からはずれた場合、ご主人の給料から控除される所得税が変わるだけで他に変更される点はないと思います。
3.ご相談者様は、所得金額が38万円を超えますと確定申告が必要になります。確定申告をすれば住民税の申告は不要になります。税務署から市区町村に自動的に情報は送付されるからです。住民税の納付については、翌年の6月に市区町村から納付通知書がご自宅に送付されると思います。

本投稿は、2019年09月17日 13時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,350
直近30日 相談数
1,266
直近30日 税理士回答数
2,188