扶養控除の働き方について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 扶養控除の働き方について

扶養控除

 投稿

扶養控除の働き方について

今は夫の扶養控除103万以下でアルバイトをしています。
もう少し働きを増やして見ようかなと思っていますが、夫の扶養から外れて210万ぐらい年間で働いた場合、夫と私はいくら家庭で税金が増えてしまうのか心配です。
夫の年収は550から600ぐらいです
よろしくお願いします

税理士の回答

ご主人様の所得税等が年間で5万~7万程度増加すると思われます。
正確には他の条件も正確にないと分かりませんが、上記目安から大きく外れることはないかと思います。
一方ご相談者様の場合、所得税や住民税の金額は小さくあまり考慮しなくても良いかとは思いますが、扶養から外れると国民年金と国民健康保険をご自身で負担する必要がございます。国民年金で月額16,340円×12=196,080円(正確には期間に応じて若干増減がありますが)、国民健康保険も同様に約16万~20万円程度かかります。
これらを考慮の上ご検討いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。
奥様の場合は所得税法上は扶養控除ではなく配偶者控除となります。
年収が210万円の場合は配偶者控除が取れなくなり、社会保険の被扶養者でもなくなるため、その分の負担増となります。また、住民税額も変わってくると思います。
夫の年収が600万円の場合、所得税は年間で7万円から8万円の増額となると考えられます。社会保険はご自身がお勤めの会社で加入させてくれると思いますので、天引きされると思います。また、ご自身の所得税・住民税も天引きされると思います。
それでも年収が210万円であれば家計としてはプラスになると思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

ありがとうございます
横浜市は税金が高いので夫が扶養控除がなくなると結構上がるか心配していて
私は会社の社会保険に加入できるようにしてもらうつもりです
家庭の収入がプラスになるかが重要でした
マイナスになりたくないので

追記です。
社会保険については、国や地方公共団体、常時使用の従業員が5人以上いる一部の業種を除く個人事務所の場合は基本的に加入となります。「一部の業種を除く」とは理美容業や飲食業などのサービス業、農林漁業などです。アルバイト・パートの場合は①「1週間の所定労働時間および1か月の所定労働日数が、同じ事業所で同じ業務を行っている正社員など一般社員の4分の3以上」もしくは②「週の所定労働時間が20時間以上」「勤務期間が1年以上またはその見込みがある」「月額賃金が8.8万円以上」「学生以外」「従業員が501人以上の企業」のすべてを満たしているケースの場合に加入となります。社会保険に加入となると自分で国民健康保険や国民年金を納めにいく必要がなくなり、会社が給料から天引きしてくれることとなります。
この点、不明なことがあれば会社(雇用主)に聞いてみるといいと思います。

その点では会社が大きいので社会保険に入れるかと思います

夫と私は個々に払うように税金などなるとは
思っております。

色々ありがとうございます

本投稿は、2018年05月16日 08時38分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
13,620
直近30日 相談数
670
直近30日 税理士回答数
1,854

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら