税理士ドットコム - [扶養控除]夫婦どちらの扶養にいれるべきですか - 現行所得税法では、小さいお子さんは、扶養控除の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 夫婦どちらの扶養にいれるべきですか

夫婦どちらの扶養にいれるべきですか

今年第一子出産を予定しています。

夫婦どちらの扶養に入れるべきか相談させて下さい。

夫→収入約600万円
妻→収入約950万円

子供手当てについては妻の収入を基準とする旨、市町村のホームページで確認しています。

宜しくお願いします。

税理士の回答

現行所得税法では、小さいお子さんは、扶養控除の対象にはなりません。また、お二人とも収入がしっかりございますので、住民税の方もメリットはないと思われます。従って、子供手当についてはすでにご確認いただいているようですが、税の観点以外で綜合的に判断してお決めになれば良いかと存じます。
むしろ、奥様の産休育休によって、来年、配偶者控除を受けられる可能性がございますので、こちらをお忘れなきよう、お気をつけください。

お二人とも収入がしっかりあるので、お子様が小さいうちは、どちらの扶養にいれても変わりがありません。

というのも、16歳未満の子供は年少扶養親族となりますので、扶養控除の対象外となります。
そのため、所得税に関してはどちらの扶養に入れても税額に変化はないのです。

しかし、会社独自の規定で扶養手当などが出ている場合は、扶養手当が出る方にいれておいた方がお得かと思います。

本投稿は、2019年08月14日 12時25分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,234
直近30日 相談数
1,729
直近30日 税理士回答数
3,029