住宅ローン控除の適用について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 住宅ローン控除
  4. 住宅ローン控除の適用について

住宅ローン控除の適用について

住宅ローン控除について相談させてください。
現在住んでいる中古マンションは結婚前に妻が購入(名義も妻です)したものですが、結婚後は妻もパートで扶養となり、住宅ローンは私の方で支払っています。
この場合、住宅ローン控除の適用を私が受けることは可能なのでしょうか?
また可能だとした場合、どのような手続きが必要となるでしょうか?

税理士の回答

住宅ローン控除は奥様が対象となります。
実際に奥様がローンを負担していない場合は、贈与税の対象となります。
年間110万円以内であれば、贈与税はかかりません。
ご質問者に譲渡または贈与されても、住宅ローン控除を受けることはできません。

そうなんですね…ローンを払っているなんとか控除を受けられないかと思ったのですが。
回答いただきありがとうごさいます。

本投稿は、2018年06月27日 08時33分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

住宅ローン控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,307
直近30日 相談数
1,211
直近30日 税理士回答数
2,134