税理士ドットコム - クラウドソーシングで年収約240万見込みの場合、確定申告の仕方 - ①報酬明細書として、証拠書類としての使用が可能で...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. クラウドソーシングで年収約240万見込みの場合、確定申告の仕方

クラウドソーシングで年収約240万見込みの場合、確定申告の仕方

お世話になります。
現在主婦ですが、クラウドソーシングを利用して毎月約20万、年収で約240万の見込みがあります。
業種はライター業務です。
本年度から確定申告をするつもりなのですが、全く知識がなく、手順を教えていただきたいです。

・毎月「報酬」という形でお金をいただいており、給与明細がない。報酬の明細はダウンロードすればあるが、確定申告の際にこれを給与明細代わりにしても良いのか?
・自宅で作業をしているのですが、電気代・家賃代・その他パソコン代など経費で落とせると聞いたのですが、これは可能でしょうか?
・個人時業種として届けるつもりだが、今のうちから準備しておくものなどはあるか?
・源泉徴収所などは発行するべきか?

以上の点、お答えいただければ幸いです。
何卒、よろしくお願いいたします。

税理士の回答

①報酬明細書として、証拠書類としての使用が可能です。
②事業に使用した部分について、生活での消費部分と適切に按分・区分した場合は、経費にすることができます。
③会計ソフト(及びその使用法)を確認していたほうがよいです。
④誰かにお給料を支払う場合は、源泉徴収義務者となりますので、源泉徴収票を発行しなければなりません。

本投稿は、2016年05月16日 11時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,841
直近30日 相談数
1,187
直近30日 税理士回答数
2,095