税理士ドットコム - [確定申告]扶養から外れる場合に行う手続きについて - 1.2019年については、給与収入が103万円を超えます...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養から外れる場合に行う手続きについて

扶養から外れる場合に行う手続きについて

博士課程に進学するにあたり、収入面において来年度から以下のような変化があります。その場合、どのような手続きが必要でしょうか。ネットで調べたのですが、よく理解できませんでした。。いつまでに、どこに相談して等、細かく回答いただけますと幸いです。

2019年度
・私立大学修士2年生
・大学の研究補助員・アルバイト等で、収入(2019/1~2019/12)が120万円程度
・親の扶養に入っている

2020年度からの予定
・同大学の博士課程に進学
・大学の研究補助員として、月に20万円お給料をもらう予定
・給料のうち80万円は学費に充てる。月7万円は賃料に充てる。
・保険などの手続きは自分で行うよう言われました

よろしくお願いいたします。

税理士の回答

1.2019年については、給与収入が103万円を超えますので、親の扶養から外れ、確定申告が必要になります。親は、相談者様を扶養に入れていれば、確定申告が必要になります。
2.2020年については、給与収入が103万円を超えるのが確実であれば、親は扶養控除等申告書を勤務先に再提出して、扶養を外す手続をする必要があります。社会保険については、勤務先で社会保険に加入できない場合は、市区町村で国民健康保険への加入手続、年金事務所で国民年金への加入手続が必要になります。

ありがとうございます。とてもよくわかりました。
確定申告、健康保険・国民年金への加入手続きを行おうと思います。

研究室の同期にも相談していたのですが、学生だから社会保険加入の適用外だと言っています。これは間違いですか。彼は、昨年度から月20万円の収入があり、扶養から外れているが社会保険料等は納めていない?そうです。

本投稿は、2020年03月29日 14時45分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,550
直近30日 相談数
1,923
直近30日 税理士回答数
3,606