税理士ドットコム - [贈与税]新居建築に関しての土地の相続及び贈与 - まずは土地の現在の時価がいくらになるかという問...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 新居建築に関しての土地の相続及び贈与

新居建築に関しての土地の相続及び贈与

現在義理の父親の所有する土地と建物に妻と子供で住んでいます。
今後、現在の建物を解体して新築を建てる事を考えています。
義理の父親に相談すると死亡時の財産を減らしておきたいとの理由で土地の名義を私か妻に変えたいと考えている様です。ただしその際に、単純な贈与にして贈与税は払いたくない、また高額で売買して所得税を増やしたくないと言っています。
そこで、①妻と私名義で1000万円程度(義理の父親は1300万でその土地を購入している)で土地をまずは買い取り、②その後その土地に私と妻名義で3000万円(妻1000万円分、私2000万円分)程度の建物を建てようと考えています。③その際に義理の父親から妻に住宅を建てるのに伴う贈与として1000万円を贈与してもらう事を考えています。
質問事項は以下です。
①上記の方法を行う事で、単純な贈与とはみなされず贈与税はかかりませんか?
②義理の父親は買った時よりも安い値段で土地を売ることで所得税はあがりませんか?
以上ご回答いただけると幸いです。

税理士の回答

 まずは土地の現在の時価がいくらになるかという問題が出てきます。
 仮に土地の時価が3000万円の場合に親族間ということで1000万円で売却すると、その差額の2000万円を父から贈与を受けたということで、贈与税の申告が必要となります。
 それでは、時価はいくらになるかということになりますが、最低でも相続税評価の路線価格を下回るようでは、税務署から調査を受ける可能性が高くなります。
 次に父親の譲渡所得の件ですが、1300万円で購入した土地を1000万円で売却ということならば、赤字のため譲渡所得は発生しないので、所得税は上がりません。

本投稿は、2019年03月25日 18時07分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,619
直近30日 相談数
1,231
直近30日 税理士回答数
2,496