生前贈与をしても税金は後払いOKの相続時精算課税制度とは - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 生前対策のハウツー
  5. 生前贈与をしても税金は後払いOK。相続時精算課税制度とは

生前贈与をしても税金は後払いOK。相続時精算課税制度とは

「税理士ドットコム」への相談で、「スムーズな財産の相続をするために生前贈与をしたい、でもその際の税金を払うほどの現金がない」という方が多くいらっしゃいます。実はそれを解決可能な「相続時精算課税制度」という制度があります。同制度の内容、メリット等について、相続対策に詳しい荒巻先生にお伺いしました。

目次

相続時精算課税制度の概要

相続時精算課税制度とは、一定の要件を満たす贈与については2,500万円まで贈与税が非課税になる特例です。ただし、贈与者がお亡くなりになった際には、遺産に贈与を受けた財産を加算して相続税を計算します。

つまり実質的には、「税金の支払時期は変わらず、相続財産だけを前渡しにする制度」ともいえます。

相続時精算課税制度のメリット

相続税がかからない場合は贈与税が非課税になる

通常、親からの子の贈与には贈与税がかかります。しかし相続時精算課税制度の場合、後に相続税として支払うのみですので、そのため相続税がかからない場合は、事実上贈与を非課税で行うことが可能です。

この仕組みを利用する場面として最も多く想定されるのが、「子供のマイホーム取得資金」のためです。こちらについては別途、住宅取得資金贈与特例もありますが、通常、子供がマイホームを取得する際に親から多額の資金援助を受けると贈与税が課税されてしまいます。そこで相続時精算課税制度を利用することで、マイホームの取得のための一括資金の贈与が非課税になります。

後述する税制改正後は親だけではなく、祖父母も贈与者の対象に広がりますので、将来相続税がかからないご家庭については上手く活用したいものです。

値上がりする財産はお得

相続時精算課税精算課税制度を利用すると、将来の相続時に相続税申告に加算されますが、相続時に加算する価額は、「贈与時の価格」と定められています。

つまり、値上がりが見込まれる自社株式や不動産、有価証券等については、贈与時よりも相続時の時価が上昇していれば、その上昇分については相続税計算に加算されないため節税効果があります。また賃貸不動産等を贈与することで、賃料収入の増加蓄積を防ぐことができます。

相続時精算課税制度のデメリット

暦年贈与が使えなくなる

相続時精算課税制度を利用する場合、「暦年贈与」が使えなくなります。暦年贈与を使えば、年間110万円以内の贈与を非課税で行うことができますので、相続税がかかる場合は、暦年贈与を利用した方がよいケースが十分にあります。

将来の相続時に相続税の対象になる

贈与した時の価額を相続税の計算に加算しなければならないため、直接的な相続税の節税効果はありません。

なお相続時精算課税制度では、2,500万円以上の贈与を行った場合、超えた部分に一律20%の贈与税負担がありますが、相続時にはその分が控除されます。つまり、「贈与税も将来の相続税の前払い」と考えるわけです。

平成27年1月の税理改正による注意点

平成27年1月1日以前と以降とで、贈与者と受贈者について税制改正がされているため、要件を確認しましょう。

以下のように平成27年1月1日以降の贈与分については、適用範囲が父母—子だけでなく、祖父母—孫にまで広がりこれまでと比較してより特例が使いやすくなりました。

 現行(H26.12.31まで)改正後(H27.1.1から)
贈与者65歳以上の父母60歳以上の父母または祖父母
受贈者20歳以上の推定相続人20歳以上の推定相続人または孫

まとめ

相続時精算課税制度は一括で多額の財産を贈与しても贈与税が非課税となる特例ですが、やはり毎年の110万円の非課税が使えなくなる点に注意が必要です。将来、相続税がかかる方は、暦年贈与と相続時精算課税制度のどちらが得になるのかをシミュレーションし、誤った意思決定をしないような慎重な判断が求められます。

生前対策に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

生前対策に関する税務相談Q&Aをみる

  • 相続時の固定資産税について

    土地の生前贈与を考えています(相続時精算課税を利用) 生前贈与を行った場合、固定資産税における小規模住宅用地の軽減措置(都市計画税軽減)等に影響はないと考えてよ...
    税理士回答数:  1
    2019年08月20日 投稿
  • 生前贈与後の固定資産税額について

    土地の生前贈与を考えています(相続時精算課税を利用) 生前贈与を行った場合、固定資産税額は上がってしまうものなのでしょうか?
    税理士回答数:  2
    2019年08月20日 投稿
  • 兄名義の家屋の名義変更について

    兄名義で新築で土地付きの家を購入し、今もローンを払っているところですが、兄が結婚してしばらくは母と同居してましたが、去年に兄が転勤で自宅を離れ、今は母と私と姉が...
    税理士回答数:  1
    2019年08月20日 投稿
  • 名義預金の扱いについて

    父が私の名義で、単発型の定期預金をしてくれていました。 私自身のお金で積んでいた預金もあります。 それを、実家に預けていたら、母が管理していたので、ごちゃまぜに...
    税理士回答数:  1
    2019年08月12日 投稿
  • 非課税世帯からの生前贈与について

    両親が非課税世帯で世帯を別にしている長男です。両親の住んでる築40年13坪の家が都市計画立退き区域にあり、両親は立ち退きになれば買取価格で老人ホーム等の老後費用...
    税理士回答数:  2
    2019年08月10日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応