税理士ドットコム - [税務調査]個人事業主の事務所移転について - 自宅を納税地として申告する場合は不要です。事業...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税務調査
  3. 個人事業主の事務所移転について

個人事業主の事務所移転について

現在の事務所を自宅と兼用にしているのですが、近々兼用をやめようと思っていて、以下のようにする予定です。

現在
自宅、事務所、納税地 → 同一住所

変更後
自宅、納税地 → 現在と同じ住所
事務所 → 他区へ変更

この場合、税務署に提出する書類は、事務所の”新設“、”増設”、”移転”のどれにすれば良いでしょうか。

税理士の回答

自宅を納税地として申告する場合は不要です。事業所を納税地として申告する場合は移転の手続きが必要です。
税務調査の事を考えると、税務署の管轄が変わる事で、税務署側の目線が変わりますので、移転した方が少しよいかもです。

本投稿は、2017年11月24日 18時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 確定申告をする際の納税地について

    家族が勤務弁護士をしております。 今年から給与以外の事業所得が発声するので確定申告をするのですが、住所が複数あり、納税地をどこにすればよいのか迷っています。 ...
    税理士回答数:  1
    2015年12月19日 投稿
  • 事業所住所と現住所が異なる場合の、納税地とは

    事業所住所は実家の東京で登録しており、現在は婚約者の住む福島に移住しました。 住民票などの手続きは、福島に変更しましたが事業所住所は実家のままにしておきた...
    税理士回答数:  3
    2017年06月21日 投稿
  • 登記上の住所と実際の事務所の住所

    はじめまして。 法人を設立して2期目になります。 従業員1名の小規模法人です。 現在会社は大阪にあるのですが、業務内容から拠点を愛知県に移転することに...
    税理士回答数:  1
    2015年03月30日 投稿
  • 事務所移転に伴う諸々の仕訳

    事務所移転を行います。 旧事務所は会議室等を増築し、内部造作として毎年減価償却しております。 旧事務所を退去する際は、その会議室は取り壊します(元の状態...
    税理士回答数:  1
    2017年06月22日 投稿
  • 自宅が事務所について

    4月に会社設立し自宅の1部屋を完全に事務所にしています。 持ち家で毎月ローンを払ってます。 会社から家賃として家主に払った形にすれば経費になりますでしょうか...
    税理士回答数:  1
    2016年12月18日 投稿

税務調査に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,181
直近30日 相談数
1,129
直近30日 税理士回答数
2,244