税理士ドットコム - [税務調査]「インターネット取引等についてのお尋ね」について - 30万円を超える生活に通常必要でない資産の譲渡は...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税務調査
  3. 「インターネット取引等についてのお尋ね」について

「インターネット取引等についてのお尋ね」について

先日、インターネット取引等についてのお尋ねが封書で届きました。
思い当たることは、チケットの讓渡や売り買いを行っており入出金があったことと思います。
過去3年分の回答書を提出が求められております。
チケットは生活用動産として課税対象ではないという認識でしたが、高値のものもあったためそれは所得としてみなされるのでしょうか。
もし、課税対象で申請が必要とのことでしたらお支払いとなると思いますが、チケットサイトから高値で買ったものを売っている場合は(赤字)、こちらは必要ないのでしょうか?
なくなっているチケットサイトもあるため、入出金については正直不透明なところがあります。
無知で行っていたので自己責任ではありますが、この場合どのような対応が最善でしょうか。

税理士の回答

30万円を超える生活に通常必要でない資産の譲渡は譲渡所得になりますし、それ以外でも継続的に売買をしていると事業所得又は雑所得として確定申告が必要になります。
まずは、お尋ねには真摯に事実を回答していただき、税務署の担当者に相談してください。
くれぐれも放置したりせず、事実を説明することをお勧めします。

30万円超えているので、所得ということになりますね。
税務署の担当者に相談いたします。ありがとうございました。

本投稿は、2020年01月17日 21時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

税務調査に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,681
直近30日 相談数
1,835
直近30日 税理士回答数
2,972