税理士ドットコム - [源泉徴収]二重課税をされた場合の対処について - 最初に引かれた源泉税が韓国の所得税という意味だ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 二重課税をされた場合の対処について

二重課税をされた場合の対処について

日本在住の個人です。
韓国と契約した仕事でライセンスフィーの入金があり、現地で源泉税10%が引かれているのですが、さらに私に振り込まれる前に10%の源泉が引かれていました。
二重課税になると思うのですが、どのように対処したらいいでしょうか。

税理士の回答

最初に引かれた源泉税が韓国の所得税という意味だと思いますが、外国税額控除の適用を受けられる可能性があります。これは、おっしゃる通り外国と日本での二重課税を排除するためのものですが、全ての外国の税が対象になっているわけではありません。日本と韓国は租税条約を結んでいますので、基本的には外国税額控除の対象になると思いますが、念のため、国際税務に強い税理士に確認してもらうことをおすすめします。

本投稿は、2018年12月13日 15時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,228
直近30日 税理士回答数
2,148