外注費への源泉徴収 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 外注費への源泉徴収

外注費への源泉徴収

個人で小さな事業を行っているものです。
家族に対し専従者給与を支払っている者は、別の外注費に対しては源泉徴収が必要と聞きましたが本当でしょうか?
なお専従者給与は月額¥80,000です。
宜しくお願い致します。

税理士の回答

専従者給与だけを支払っている場合、源泉徴収義務者となりますので、例えば、税理士報酬などを支払っている場合は源泉徴収していただく必要があります。
この場合、外注費の支払いがある人は全て源泉徴収が必要な訳ではなく、源泉徴収の対象となる報酬料金は決まっています。
(参考)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2792.htm

ありがとうございます。整理されました。迅速な対応、感謝致します。

本投稿は、2020年03月29日 23時44分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,554
直近30日 相談数
1,927
直近30日 税理士回答数
3,612