源泉徴収の扱いについて - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 源泉徴収の扱いについて

源泉徴収の扱いについて

個人で小さな事業を行っている者です。
年度途中から事業の一部を手伝ってもらっていた方(個人事業主)への業務代金支払が外注費でなく給与扱いになると指摘されました。ただ支払金額は65万以下です。この場合、金額が過小のため、給与所得控除の関係から源泉徴収は必要ありませんか? 必要であれば、3月末時点からどういう処置が必要でしょう。

税理士の回答

手伝ってもらっている方から扶養控除等申告書を提出してもらえば、税額表甲欄が適用できますので、月額8.8万円までは所得税の源泉徴収は不要です。
仮に、同書類が出されない場合は、税額表乙欄が適用され、源泉徴収が必要になります。

よくわかりました。迅速にお返事くださり、ありがとうございました。

本投稿は、2020年03月30日 00時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,547
直近30日 相談数
1,920
直近30日 税理士回答数
3,598