税理士ドットコム - 3Dモデラー・アニメーターは源泉徴収の対象でしょうか - 源泉徴収が必要な報酬料金は所得税法204条に定めら...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 3Dモデラー・アニメーターは源泉徴収の対象でしょうか

源泉徴収

 投稿

3Dモデラー・アニメーターは源泉徴収の対象でしょうか

はじめまして。
個人事業主は法人に源泉徴収してもらう場合がありますが、
3Dモデリングをする、3Dアニメーションを作る仕事は対象なのでしょうか?

イラストのようにデザイン料となるように思いますが、
プログラマーが非対象であったりとも聞くため、いまいちわかりません。

3Dモデラーは、頂いた原画に合わせて3Dモデル化する。
3Dアニメーターは、用意された3Dモデルを使いモーション制作・映像化を行う。
また、両方を担当する場合もあります。

これらが源泉徴収の対象なのか、アドバイスを頂けましたら幸いです。

税理士の回答

源泉徴収が必要な報酬料金は所得税法204条に定められていますが、ご質問の業種が最近のものと思われるため、そのものの記載がありません。
類似するものとしては、「原稿の報酬」、「挿絵の報酬」、「脚本の報酬・料金」、「脚色の報酬・料金」等が考えられますので、下記サイトをご参照の上、実際の内容がどれかに該当するかご確認ください。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/aramashi2009/data/05/index.htmensen/aramashi2016/pdf/07.pdf

最終的には所轄税務署に問い合わせる必要があると思います。
宜しくお願いします。

近く税務署に確認してみます。
ありがとうございました。

本投稿は、2017年08月10日 19時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,168
直近30日 相談数
736
直近30日 税理士回答数
2,339

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら