税理士ドットコム - [給与計算]同じ年月の振込額が違う給与明細が2枚あり。どちらが偽装された給与明細なのか。 - ①の総支給額は、550,000円になります。②の総支給額...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 給与計算
  4. 同じ年月の振込額が違う給与明細が2枚あり。どちらが偽装された給与明細なのか。

同じ年月の振込額が違う給与明細が2枚あり。どちらが偽装された給与明細なのか。

夫の振込額が違う給与明細が2枚あります。どちらが偽装された給与明細かどうか、また、おかしな点を教えて頂けますでしょうか。

現在、離婚協議中で養育費を決めています。夫の部屋から見つけた給与明細が聞いていた額より10万程多く不審に思い、カマをかけて同じ月の給与明細の提出を求めたところ全く違う額の給与明細を提出してきました。

恐らく後者は偽装した給与明細かと思われますが、専門家の皆様にご確認頂きたくご相談させて頂きます。
以下給与明細の詳細です。

① 事前に見つけた給与明細
標準報酬月額:530千円 / 基本給:394,400円/定額残業手当:105,600円/家族手当:20,000/住宅手当:10,000円/通勤手当:20,000円/源泉支給額:530,000円/総支給額:550,000円/差引支給額/431,340円
健康保険料:26,235円/厚生年金保険料:48,495円/雇用保険:1,650円/社会保険料合計:76,380円/源泉所得税:17,680円/住民税:21,600円/積立金:3,000円/控除額合計:118,600円

【 】が変わった箇所です。

② 後から提出してきた偽装疑惑の給与明細
標準報酬月額:530千円/【基本給:305,900円】/【定額残業手当:74,100円】/家族手当:20,000円/住宅手当:10,000円/通勤手当:20,000円/【源泉支給額:410,000円】/【総支給額:430,000円】/【差引支給額/319,720円】
健康保険料:26,235円/厚生年金保険料:48,495円/【雇用保険:1350円】/【社会保険料合計:59,296円】/【源泉所得税:9,600円】/住民税:21,600円/積立金:3,000円/控除額合計:110,280円


①のように基本は標準報酬月額と源泉支給額が同じ額であると認識していたのですが...偽装してるとわかる理由が欲しいです。お力をお貸しください。宜しくお願い致します。

税理士の回答

①の総支給額は、550,000円になります。
②の総支給額は、430,000円になります。
標準報酬額が530,000円になっていますが、②の給与が、一年間支給される場合には、標準報酬額は440,000円になると思います。

本投稿は、2019年04月19日 21時50分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

給与計算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,214
直近30日 相談数
1,023
直近30日 税理士回答数
1,919