[計上]弁当屋の棚卸について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 弁当屋の棚卸について

計上

 投稿

弁当屋の棚卸について

株式会社で弁当屋をしています。決算で棚卸の額をだそうと思うのですが、
食料だけでしょうか?あまった弁当箱、ペ-パ-タオル、手袋などははいらないのでしょうか?それは資産の消耗品になるのでしょうか?食料はしょうゆ1/3などまで、
いれないといけないのでしょうか?

税理士の回答

お弁当屋さんの棚卸しの場合には、食料品と弁当箱が期末商品棚卸高になると考えます。
ペーパータオルや手袋などの消耗品の未使用分に関しては、「貯蔵品」として期末の残高を資産計上することになります。

本投稿は、2018年11月09日 13時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,099
直近30日 相談数
1,175
直近30日 税理士回答数
2,345