税理士ドットコム - [経理・決算]社内交際費の領収書の分割について - その飲食の内容が、貴方の会社の社内交際費の支出...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 社内交際費の領収書の分割について

社内交際費の領収書の分割について

社内交際費の予算の関係で、社内のメンバーとの飲食代の領収書を下記の2枚に分けてもらい、1を会社に申請しようと思うのですが、問題もしくは注意したほうが良い点はありますでしょうか?

前提:社内のメンバーとの合計2名での飲食
1.12,000円分(税込) →領収書宛名:会社宛
2.残りの金額 →領収書宛名:自分(自腹分として)

よろしくおねがいします。

税理士の回答

その飲食の内容が、貴方の会社の社内交際費の支出要件を満たしていれば、限度額分の領収書の発行をしてもらう事は、問題ないと考えます。

税理士ドットコム退会済み税理士

1枚で、自己負担分を差引き、差額の12,000円の請求で問題ありますか。

ご質問の趣旨は、「会社の経費予算の都合で実際に支払った金額よりも少ない金額で精算をした場合」という理解で宜しいでしょうか。
社内メンバーとの飲食代が会社業務の一環として行なわれたものであれば問題にはならないと思います。
なお、社内メンバーとの飲食が会社の業務に関係ない特定の人だけの個人的な飲食の場合には、給与とみなされる可能性もありますのでご留意ください。

皆様、ご回答いただき、ありがとうございます。

1枚で、自己負担分を差引き、差額の12,000円の請求で問題ありますか。

→こちらは分割ではなく、12,000円分の領収書1枚のみお店にもらうということでしょうか?もしそれが可能であれば、そちらでも問題ございません。

ご質問の趣旨は、「会社の経費予算の都合で実際に支払った金額よりも少ない金額で精算をした場合」という理解で宜しいでしょうか。

→はい。予算の関係で会社には12,000円までしか申請できないため、支払った金額がそれを超えた場合には、超えた分は自腹で払い、会社に申請する分の12,000円分の領収書を会社宛で分けてもらえないかという趣旨のご質問でした。

社内メンバーとの飲食が会社の業務に関係ない特定の人だけの個人的な飲食の場合には、給与とみなされる可能性もありますのでご留意ください。

→今回の飲食は、直属の部下との業務上のコミュニケーションを円滑にすることを目的とした飲食になり、会社業務の一環として行うものになります。

ご相談者の返信からすると、12,000円の領収書の発行を求め、会社に社内交際費として申請されて、問題ないと考えます。

税理士ドットコム退会済み税理士

ご連絡ありがとうございます。
1枚は総額で、それで上限を請求という意味です。特に分ける必要はないと思いますが。

ご連絡ありがとうございました。
お申し出の内容であれば、12,000円の領収書で精算されて問題ないと考えます。

皆様、ご回答いただき、ありがとうございました。

1枚は総額で、それで上限を請求という意味です。特に分ける必要はないと思いますが。

→そのような方法でも良いのですね。ご教授いただきありがとうございます。

本投稿は、2018年07月14日 10時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 経費として落とす領収書の宛名は屋号でなく個人名でもOKですか

    フリーでイラストレーターをしている個人事業主です。 事業で使う何かを購入した際に発行してもらう領収書は、宛名を屋号(ペンネームと同じ)にしてもらっています。 ...
    税理士回答数:  1
    2014年08月21日 投稿
  • 社内飲食接待か否か

    ささいなことかもしれませんがご教授ください。 中小法人非該当の普通法人(大企業の100%子会社)です。 当社から子会社へ出向したものも含めて当社社員と一緒に...
    税理士回答数:  2
    2017年05月26日 投稿
  • 社長の飲食費の交際費について

    一部上場企業の経理担当者です。 飲食費が交際費になるかどうかは5,000円基準がありますが、大企業の社長の場合でも5,000円基準は適用されるのでしょうか? ...
    税理士回答数:  3
    2016年11月12日 投稿
  • 接待飲食費=社内飲食費

    今回 内定者と役員・社員を交えて懇親会を開催いたしました、会計金額は一人5,000円を超しております。この際の経理処理ですが、色々調べたところ、内定者といえども...
    税理士回答数:  1
    2017年09月27日 投稿
  • 領収書の宛名について

    個人事業主で以下のような企業との仕事の受注状態の場合、  個人事業主⇒A社⇒B社⇒C社 出張による旅費交通費が発生した際に、B社から「B社の宛名で領収書を発...
    税理士回答数:  1
    2017年09月01日 投稿

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,864
直近30日 相談数
1,740
直近30日 税理士回答数
2,844