税理士ドットコム - [経理・決算]仕入れたものの納品書や領収書がない場合 - 正しくは実際に購入した時の価額で計算すべきです...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 仕入れたものの納品書や領収書がない場合

仕入れたものの納品書や領収書がない場合

フリーマーケットなどで仕入れたものを販売していましたが棚卸しというものが必要と知りました。いくらで仕入れたか、領収書や納品書など何もないものが複数あるのですがこの場合棚卸しはどう記載すればよいでしょうか?

税理士の回答

正しくは実際に購入した時の価額で計算すべきですが、そらが分からない場合にはフリマに出ている同類のものの価額を参考に仕入金額を計算して棚卸高を記載するのが宜しいと思います。

ご回答ありがとうございます。原価は大体の目安でわかる範囲で書くというのでも問題ないのでしょうか?

ご連絡ありがとうございます。
大体の目安の記載で全く問題がないという訳ではありません。本来は正しい仕入金額で記載することが必要です。
しかし、金額が不明という場合、記載しないわけにもいきませんの、上記の方法等で合理的に計算し処理せざるを得ないと考えます。

本投稿は、2019年03月14日 12時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,301
直近30日 相談数
1,015
直近30日 税理士回答数
1,921