税理士ドットコム - [経理・決算]個人事業主が取引先から支給された交通費を超過した場合の仕訳 - 実費精算の差額は、「旅費交通費」で良いと考えます。
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 個人事業主が取引先から支給された交通費を超過した場合の仕訳

個人事業主が取引先から支給された交通費を超過した場合の仕訳

地方在住の個人事業主です。
都内の取引先で打ち合わせの際には、居住地〜都内までの往復バス代を実費で取引先に請求し入金頂いています。

しかし、急用や体調が思わしくない場合など、個人的な事情でバスではなく新幹線を利用することがあります。
超過分は自己負担で構わないと思い、この場合も往復バス代相当の金額を請求し入金頂いています。
差額が発生した分は、どのように仕訳するのが妥当でしょうか。

通常の場合はこのように仕訳しています。
請求時
 立替金 3000円 / 現金 3000円
振替時
 普通預金 3000円 / 立替金 3000円

よろしくお願いします。

税理士の回答

ご回答ありがとうございます。
「旅費交通費」で仕訳します。

本投稿は、2019年03月15日 00時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,055
直近30日 相談数
1,226
直近30日 税理士回答数
2,058