税理士ドットコム - [消費税]消費増税の際の、年間契約の取り扱いについて - 31年指定日(31.4.1)の前日までに契約を締結すれば...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 消費増税の際の、年間契約の取り扱いについて

消費増税の際の、年間契約の取り扱いについて

消費増税が2019年10月1日に予定通り行われるとして、期間が1年間の契約のものの取り扱いについて伺います。

例えば
2019年4月1日〜2020年3月31日の広告掲出契約(2019年4月に計上)を結んだとして、消費税はどのように扱われるでしょうか?

①1年間分を8%
②月割り計算し、10日1日以降分は10%。

以上のどちらかかと思うのですが、どうなのでしょうか?

税理士の回答

31年指定日(31.4.1)の前日までに契約を締結すれば、経過措置により全期間8%になります。

本投稿は、2019年02月11日 22時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

消費税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
31,033
直近30日 相談数
1,163
直近30日 税理士回答数
2,021