工事契約の消費税増税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 工事契約の消費税増税について

工事契約の消費税増税について

2019年9月~12月頃にかけて建設工事があります。
引き渡しが12月なので消費税10%かと思います。

経過措置で2019年3月31日時点で工事請負契約をしていれば、引き渡しが12月でも8%が適用されます。
2019年3月31日時点で工事請負契約をしておくことはダメでしょうか?
もしくは何か8%にできるいい方法はございませんか?

税理士の回答

2019年3月31日までに工事請負契約していた場合に限り、引渡し完了が2019年10月1日以降になっても消費税率は8%になります。
なお、今から2019年3月31日に遡り契約することは相手があることなのでまずできませんし、契約者双方が申し合わせて契約した場合には罰則があります。

返信ありがとうございます。
やはりそうですよね。

双方合意の下で、契約書を基に、9月末にある程度大きな金額の入金と支払をすることは問題ないでしょうか?

2019年3月31日までに作成・締結された契約書を基に、取引されるのであれば、経過措置8%が適用されます。以上

そうではなくて、契約はこれから8月にします。
9月末頃に請負金額の入金を多くもらうのと支払も多く払おうと考えています。
10月増税前に入金も支払いも先に済ませようと双方で話し合っています。

こういうの案件は多いと思うのですがいかがですか?


以上とか勝手な都合で話を終わらせるのは士業として国からバッジを付与されている立場としてあってはならないと思います。

真摯な対応を。

物件の完成引渡しをもって、工事の役務提供が終わります。
経過措置の適用を受けない請負工事に関しては、工事の完成引渡しの時の消費税率が適用されます。

仮に2019年10月1日の消費増税の前に工事請負代金の一部を支払ったとしても、それは単なる消費税率10%が適用される工事代金の前受金・前払金として処理されることになります。

以上で、ご質問に対する回答になっていますか?

弊社では大口の場合、ある程度の進捗で請求書を発行や発行してもらったりして、入金ベース、支払ベース費用収益を計上しています。

完成基準ではなく進行基準でしています。

なので前受金や前払金勘定は使わないです。いかがですか?

前提条件が次々と加わるので、回答が難しいですが、「工事出来高に応じて、請求を受け、支払いを行い、発注側が経費計上、受注側が売上計上したとしても」、経過措置の適用を受けない請負工事に関しては、完成引渡し時の消費税率が適用になります。

そうしますと本件の2019年9月~12月頃に行う工事に関しては8%でやる方法は1つもないのでしょうか?

何かいい方法はございませんか?

相談者様は工事の発注側でしょうか?また、消費税は課税事業者でしょうか?

受注側です。
課税事業者で原則課税を適用しています。
毎年全額控除方式です。

結論からいうと、今から契約し2019年9月30日までに完成引渡しをしない請負工事に関しては8%の適用はありません。原則どおり10%の適用となります。

消費税の税率に関していうと、事業者⇔事業者の取引で、かつ双方が課税事業者の場合、損得はありません。個人⇔事業者の取引であれば、発注者の個人に消費税が最終的に負担される結果になります。
上記から考えると、発注者側は個人なのでしょうか?

個人から受注を受けて、個人事業者の下請に頼んでいます!

ただ3月31日前から諾成契約はしていたので、その合意日で契約書を作成したいと考えています。

色々と私も調べてみて、双方に合意があったのならその日で契約書を作成しても良いと書いてあったりしてました。

上記のとおりであれば、事実に基づき書面化すれば良いと思います。

本投稿は、2019年07月09日 15時53分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 4月1日以降の消費税

    4月1日以降に3月分の清算があった場合(4月に入ってから3月分の請求書が届いた場合等)ですが、この場合は仮払消費税は5%で処理してもよいのでしょうか? また、個...
    税理士回答数:  1
    2014年06月16日 投稿
  • 消費税の経過措置について

    消費税の経過措置について質問させて下さい。 清掃委託などの業務委託契約について、今年の3月31日までに4月以降の契約を交わしていれば、10月以降税率が10%に...
    税理士回答数:  1
    2019年01月23日 投稿
  • 消費税の経過措置の特例について

    工務店を営んでいます。消費税の特例について教えてください。 前回の5%から8%への消費税増税時に請負に関する特例で8%適応時でも契約時期によっては5%のままで...
    税理士回答数:  1
    2018年11月22日 投稿
  • 消費税の経過措置 税理士報酬

    申告書作成業務は消費税の経過措置に該当するそうですが、たとえば、平成31年分確定申告(所得税)作成報酬について、指定日より前に契約書を交わしておけば、32年に受...
    税理士回答数:  1
    2018年11月16日 投稿
  • 消費税アップ経過措置

    ご教示の程宜しくお願い致します。 消費税率アップ時の経過措置の条件は、契約で単価(料金)改定の可能性が有る旨が記載されていないこと、と認識するのは妥当なのでし...
    税理士回答数:  3
    2019年06月07日 投稿

関連キーワード

消費税に関する相談一覧

分野

消費税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
50,700
直近30日 相談数
1,417
直近30日 税理士回答数
2,522