[配偶者控除]扶養控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 扶養控除について

扶養控除について

60歳男性です。私は現在派遣社員として働いており月収が36万円程あります。妻も昨年迄契約社員として働いておりましたが契約満了の為退職し現在仕事を探しており今年から国民健康保険 国民年金に切り変わり私の分と合わせると月々の支払いが大変です。
年齢的にも先々不安ですので
妻を私の扶養家族にした方が税金などの面で良いのでしょうか?
ご教示よろしくお願いします。

税理士の回答

文面から分かる範囲内でお答えいたします。

税金面では、扶養控除が適用されるため、ご質問者様の税金の負担が減ることとなります。
また、社会保険ではご質問者様の保険料には影響はありませんが、奥様の保険料の支払いがなくなるため、その分の負担は減ります。

ご参考になれば幸いです。

奥さまが今年は仕事をされていないということであれば、ご主人の配偶者控除が適用できますので、ご主人の所得税と住民税は減少します。
また、健康保険に関してはご主人の被扶養者になると思いますので、ご主人が社会保険に加入されている場合には奥さまの国民健康保険料の支払いは不要になると思われます。なお、奥さまの国民年金の支払いは必要になると思います。

先生方
貴重なアドバイスをいただきありがとうございます。
ちなみに私も国民年金、国民健康保険
住民税という形で収めております。
その場合も妻を扶養にする事によって
税金は安くなりますか?

奥様の今年の給与収入が103万円以下であれば、ご主人の扶養(控除対象配偶者)に該当し、ご主人で配偶者控除が適用できます。その場合にはご主人の税金(所得税・住民税ともに)は安くなります。

補足をしておきます。
ご質問者は国民年金、国民健康保険に加入されていることですので、そうである以上、社会保険については、扶養に入れるという概念はございません。
国民年年金については支払いが生じ、
国民健康保険については、奥様に収入があればその分、保険料が増えることとなります。

奥様の収入を一定額に抑えるか、無制限でよいのか、は難しい問題と思います。
間違いなく、後者のほうが、日本経済のためになり、手取り額は増えると思いますが。

本投稿は、2018年06月16日 17時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,137
直近30日 相談数
973
直近30日 税理士回答数
1,863