確定申告の訂正申告をするほうが良いか? - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告の訂正申告をするほうが良いか?

確定申告の訂正申告をするほうが良いか?

40代の独身者です。職場で源泉徴収されていますが、収入が少なく、またがん治療のため医療費がかかったので、医療費控除をうけるためH30年の確定申告をしました。課税される所得金額は33万6000円でした。
昨年は市民税非課税だったため高額医療費の所得区分が区分オだったのが、今年は市民税が課税されているので、区分が一段階上がってしまい、医療費の自己負担が増えてしまいます。生活費を援助していますが、住居が別なため、両親を扶養親族とし扶養控除を受けることを考えたことがありませんでした。両親は70歳以上で受け取っている国民年金額も少なく住民税非課税となっています。
両親を扶養親族とする訂正申告をすることで、今年の住民税は非課税となるでしょうか?

税理士の回答

正確には訂正申告ではなく、更正の請求をすることになります。
所得税の同居老親以外の老人扶養親族1人の控除額は48万円、住民税は38万円ですので十分納税額がなくなるのではないでしょうか。

中田先生、回答いただきありがとうございます。
更生の請求をするには、国税庁ホームページの「更生の請求書・修正申告書作成コーナー」にて書類を作成して印刷し、書面を提出すれば良いでしょうか?

本投稿は、2019年07月11日 21時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,774
直近30日 相談数
1,175
直近30日 税理士回答数
2,391