税理士ドットコム - [勘定科目]【地代家賃】等を按分する際の複合仕訳の書き方について - 貸方の普通預金を事業主借に変更されて問題ありま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 【地代家賃】等を按分する際の複合仕訳の書き方について

勘定科目

 投稿

【地代家賃】等を按分する際の複合仕訳の書き方について

フリーランスのライターをやっております。
事業用の口座と個人口座の2つを所持しており、
家賃や水道光熱費等は個人口座の方から引き落としています。
在宅での仕事も多いため、一部を経費として計上したいのですが、
前述のケースだとどのように帳簿をつければよいでしょうか?

事業用口座から引き落としている場合は、

【借方勘定科目】      【貸方勘定科目】
地代家賃=5,000       普通預金=10,000
事業主貸=5,000

のように記載すればいいのはわかるのですが、
個人口座からの場合、どのように記載すべきかわからず……
ご教示いただけますと幸いです。

よろしくお願い致します。

税理士の回答

貸方の普通預金を事業主借に変更されて問題ありません。

別府穣 様

ご回答ありがとうございます。
その場合、上記質問内【借方】の「事業主貸」に該当する箇所はどうしたらよいでしょうか?

本投稿は、2019年02月16日 20時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,817
直近30日 相談数
1,539
直近30日 税理士回答数
2,307