不動産投資による節税は個人より法人の方が有利!その理由は? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 節税のハウツー
  4. 不動産投資による節税は個人より法人の方が有利!その理由は?

不動産投資による節税は個人より法人の方が有利!その理由は?

個人による不動産投資と法人による不動産投資では、どちらがより節税できるのでしょうか?個人富裕層に対する個人への累進課税の強化と法人税率の緩和傾向がある昨今、法人による不動産投資の優位性がさかんに主張されています。

これから不動産投資を行うのであれば、法人による不動産投資も検討したいところです。今回は、法人による不動産投資の基礎知識についてご紹介します。

目次

不動産投資は別会社をつくることがおすすめ

中小起業の経営者の場合、法人を使った不動産投資というと、すでに自分が経営している会社での運用を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際には新たに不動産管理会社を作り、その法人で不動産投資をすることが多いのです。

なぜなら通常、他に事業を行っている一般事業会社だと、設備投資の借入期間は20年が最長です。ところが、他に事業を行わず、不動産投資だけを行う法人であれば、35年の長期の不動産投資ローンを組むことが可能だからです。

そのため、会社に余剰資金がない場合、相続対策を行うためには、不動産管理会社を作り、その会社でローンを組んで不動産投資を行うことがおすすめです。

法人と個人の税金の違いは何?

法人と個人との間では、不動産の購入時に発生する不動産取得税や登録免許税に差がありません。また、不動産を保有中の固定資産税や都市計画税にも差はありません。

差があるのは、個人の所得税法人の法人税になります。個人の場合、所得税および住民税率が最高で約55%です。法人の場合は、所得金額が800万円超なら実効税率は約35%となります。

さらに法人は、個人よりも経費で認められる範囲が広いため、保有期間中は法人の方が税率も低く、節税効果が高いと言えます。

不動産売却時は個人の方が有利

不動産の売却時に売却益が出た場合、個人には譲渡所得に対する所得税、法人には利益に対する法人税が発生します。

売却では、個人の場合、所有期間が5年超であれば長期譲渡所得となり、所得税および住民税の税率が20%となります。これは法人税の実効税率よりも小さい値です。

また、法人の場合、消費税課税事業者であれば売却時に建物に消費税がかかります。土地建物を総額で取引した場合には、消費税を計算するために土地と建物の金額を分ける必要が生じます。

通常、法人で不動産投資を行っても、不動産の評価額についてはほとんど気にする必要はありません。ただし、売却のときは、再評価して土地建物価格を正しく評価した方が、消費税の節税をできることがあります。

特に築古の物件を売却した場合は、建物の市場価格は低いです。これを固定資産税評価額で土地建物価格を割り付けてしまうと、建物価格が実際の市場価格よりも高く算出されてしまうことが多く、実際に価値以上に建物消費税を払ってしまうことがあり得ます。

法人による不動産投資は、売却時は法人税や消費税に関し、個人よりも不利になる可能性があるため、売却時は注意が必要です。

節税効果の高い物件は?

不動産投資では建物の減価償却費による節税が可能になります。減価償却費は建物付属設備の耐用年数が15年前後で設定されているため、なるべく築浅物件を購入した方が、減価償却費は大きく、節税効果が長く続きます。

また、節税効果だけを考えれば、同じ利回りの物件でも、土地建物価格の中で建物価格の割合が高い物件ほど、発生する減価償却費が高く節税効果が高いです。なぜなら、土地は減価償却できないからです。

例えば、同じ1億円の物件を購入しても、土地が2千万円で建物が8千万円の物件と、土地が8千万円で建物が2千万円の物件では、前者の物件の方が建物価格の割合が高い分、その後の減価償却費が大きく節税にはなります。

ただし、土地価格の割合が低い物件は、土地代が安い郊外にある場合が多いです。郊外の物件は、空室リスクも高くなるため、投資のリスクは高まります。そのため、節税効果だけを求めて建物価格割合の高い物件に投資を行うと、結果的にリスクの高い物件を手にすることが少なくありません。

投資リスクを抑え、かつ、節税効果の高い物件ということであれば、都心部の築浅物件を選ぶのが望ましいと言えます。

個人所得によって、どちらが有利かが決まる

所得税および住民税率は、課税所得が900万円を超えると法人よりも個人の方が税率は高くなります。

そのため今の給与所得を含め、不動産投資を行って個人の課税所得が900万円を超えるようであれば法人による不動産投資を行った方が節税になります。すでに課税所得が900万円を超えている人であれば、個人で不動産投資を行ってしまうと、さらに税率が上がる可能性があるため注意が必要です。

おわりに

法人か個人で不動産投資を行うかの判断は、今の個人所得をベースに考える必要があります。法人は累進課税ではないため、利益が増えても税率が上がることはありません。いちど法人を選択してしまえば、投資金額のレベル別に節税方法を分けて考える必要もない点も、法人による不動産投資のメリットといえます。

また、税金面に関しては、売却以外は法人の方が概ねメリットがあります。不動産管理会社という選択肢を含めて、法人による不動産投資も検討してみましょう。

節税に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

節税に関する税務相談Q&Aをみる

  • iDeCoと小規模企業共済 サラリーマンの場合

    iDeCo(個人型確定拠出年金)を会社に制度がないので毎月23,000円拠出(積立て?)していいるサラリーマンです。 来年から太陽光発電投資を事業所得として始め...
    税理士回答数:  1
    2018年12月17日 投稿
  • 配達員の日当について

    配達業務を行っている会社です。大手の宅急便を扱う会社から委託を受けて業務を行っています。 従業員は5人ほどいます。 知人から出張があれば日当を出すことが節税にな...
    税理士回答数:  1
    2018年12月16日 投稿
  • ふるさと納税の注意点について

    生命保険が満期になり、満期金額-掛け金の差額が控除額の50万を引いても多い場合、確定申告の必要があると言われました。 ふるさと納税をしたいと思っていますが、返礼...
    税理士回答数:  1
    2018年12月14日 投稿
  • 個人事業主 新車購入時期について

    個人事業主で事業にも使用する車の購入を考えております。 2018年12月に購入をして2019年1月から使用をする場合と、 2019年1月に購入をして2019年...
    税理士回答数:  1
    2018年12月14日 投稿
  • 小規模企業共済について

    小規模企業共済について質問があります。 かなり不安定な職種(執筆)なので、加入を悩んでいます。 儲かる時は利益がでますが、 儲からない時は共済の控除を利用しな...
    税理士回答数:  2
    2018年12月12日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応