税理士ドットコム - [配偶者控除]主婦のアルバイトの税金について。 - こんにちは。まず、社保加入の場合ですが、気にす...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 主婦のアルバイトの税金について。

主婦のアルバイトの税金について。

扶養内で働くか扶養を外れて働くか迷っています。
働く予定の会社から社会保険に加入して働くなら時給1500円、保険に加入せずに扶養内で働くなら時給1000円でどちらにするか聞かれました。
1日四時間〜五時間、月に18〜20日働く予定です。
この場合、どちらを選択した方が世帯収入は上がりますか?
夫の年収は500万強です。

税理士の回答

こんにちは。
まず、社保加入の場合ですが、気にすべき上限は1月~12月までで150万円となります(配偶者控除)。少なく見積もっても約130万円はいくと思いますので、150万円を超えてくると夫の配偶者控除38万円がとれなくなり、夫の税負担は多少重くなります。
社保に加入しない場合ですが、この場合は夫の社保の扶養内でいられるかどうかがポイントとなり、その基準は年収が130万円未満であることとなります。時給1,000円ですと年収は約90万円ほどになるかと思いますので、上限はあまり気にしなくてもよいかと思います。
世帯収入を考えたとき、社保加入の時給1,500円で年間150万円以下となるように働くのがよいかと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

回答ありがとうございます。
社保ではなく国保加入の場合はどうなりますか?
また、個人事業主として請け負いで働いた場合に経費を引いて申告した額が130万以下になれば扶養を外れなくて済むのでしょうか?

国保加入とはご自身が国保に加入するということでしょうか。
会社が従業員を加入させる場合は社保となりますし、ご自身で加入する場合は国保となります。国民健康保険料はその人によって異なりますので、お住まいの自治体へお問い合わせ願います。
個人事業主としての場合ですが、収入金額―必要経費が130万円未満になることが被扶養者となるためには必要です。ただし、被扶養者の判定において所得税法上必要経費となるもの(交際費など)でも必要経費と認められないものがあることにご留意ください。

回答、ありがとうございます。
働く為に一歳半の子供を保育園に預けるのですが、その場合の保育料は必要経費として認められますか?
それが認められるなら確実に年収100万未満になります。

子どもさんの保育料は残念ながら必要経費とはなりません。
というのも、仮に同じ仕事をしてそれが給与所得である場合、子どもがいる方いない方また保育に預けているいないを問わず給与所得控除額は一定ですので、保育料はあくまで生活費の一部として事業に関わる必要経費とは認められないことになると思います。

本投稿は、2018年05月09日 01時22分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,254
直近30日 相談数
1,001
直近30日 税理士回答数
1,877