税理士ドットコム - [配偶者控除]来年から妻に不動産所得が発生します - 所得が38万円以下は、税金の扶養になります。ご質...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 来年から妻に不動産所得が発生します

来年から妻に不動産所得が発生します

妻である私に不動産所得が来年から年間120万発生する可能性が出てきました。現在固定資産税は140600円、私個人での生命保険や年金保険で9万円控除になると聞きました
他に自宅の火災保険や地震保険なども控除対象になるようですが、新しい税制になると、主人の配偶者特別控除枠に入るのでしょうか?
自分で確定申告した方がいいのでしょうか?

私は障害者なので、現在主人の方からその分も控除されています。医療費なども年間私だけで10万行くか行かないかと言うギリギリラインです
主人の収入は年収550万程度です
主人の収入がかなり減る事になりますか?
今まで障害がある為一切働いていませんので、
どうしたらいいか分かりません

御回答の程、どうぞ宜しくお願いします

税理士の回答

所得が38万円以下は、税金の扶養になります。
ご質問者は、38万円を超えますので、税金の扶養には、ならないと考えます。
ご主人は、配偶者控除、障害者控除は適用できなくなりまする。
しかし、ご質問者は、基礎控除、障害者控除を適用できます。
配偶者特別控除は、配偶者の所得が、38万円を超え123万円までは、38万円から3万円の控除が受けられます。
社会保険は、年収が130万円未満は、扶養の範囲です。

では、私が扶養から抜けて確定申告をした方がいいのでしょうか?
その場合は私にかかる基礎控除や、障害者控除などを適用出来るのは理解しています
配偶者特別控除枠内の120万の収入であったとしても、主人の方からは私の障害者控除も受けられ無いと言う意味ですか?
保険だけが対応出来るのですか
結局新しい税制になっても、配偶者特別控除内ではなく、私が確定申告した方が、良いという事ですか?

ご質問者は、確定申告が必要になると考えます。なお、確定申告において、生命保険料控除は、できます。

ご主人は、配偶者特別控除は受けられますが、障害者控除は受けられません。

では、主人の方で配偶者特別控除で提出して、別に自分で確定申告しに行けばいいのですか?

結局主人の配偶者特別控除には不動産経費を引いた額を計上して提出し、私は私で、一から確定申告しなければならない、そこで、基礎控除や年金控除や障害者控除、不動産経費を控除して貰えばいいんですね、分かりましたありがとうございました

本投稿は、2018年11月27日 20時13分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,214
直近30日 相談数
1,163
直近30日 税理士回答数
2,314