大学生必見!アルバイト収入でも確定申告でお金が戻ってくるって本当? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 大学生必見!アルバイト収入でも確定申告でお金が戻ってくるって本当?

大学生必見!アルバイト収入でも確定申告でお金が戻ってくるって本当?

アルバイト収入に確定申告は必要か?

アルバイトであっても、アルバイト収入が「130万円を超える」場合には確定申告が必要と定められています。そのため、1年間に130万円超を稼いでいる大学生で、年末調整を行っていない等の場合には確定申告を行う必要があります。

確定申告とは?

確定申告とは1月1日から12月31日までに受け取った所得を税務署に申告する手続きのことです。これにより所得税額を確定できます。その結果、源泉徴収額所得税額を調整し、還付または追納の手続きが取れるようになるのです。

年末調整とは?

年末調整とは、毎年の年度末に、源泉徴収額と実際に発生する税金額とを調整する手続きのことです。この手続きは企業(雇用主)側が行う手続きです。

アルバイト収入で確定申告が必要なケース

年末調整が行われるタイミングで、ひとつの勤務先からアルバイト収入を得ていて、年末調整が行われた場合には、確定申告は不要です。

ただし、年の途中でアルバイトを退職した等で年末調整を行っていない場合や、2箇所以上でアルバイトを行っている場合には確定申告が必要となります。

アルバイト収入と所得税の関係について

アルバイト収入と所得税の関係について見ていきます。所得税には控除額(税金が免除される金額のこと)もあるため、よく確認しておきましょう。

所得税の源泉徴収について

アルバイト収入が「月額88,000円を超える」場合には所得税の天引きを受けます。この所得税が給料から天引きされることを源泉徴収をいいます。

なお、扶養控除等申請書を提出していない場合は「月額88,000円以下」でも源泉徴収の対象として扱われます。この場合は給料の「3.036%」が所得税として源泉徴収されます。

所得税の非課税枠について

所得税には「控除金額103万円」が設けられています。これは給与所得控除額が最低65万円、基礎控除額が38万円と設定されているからです。このため原則としては、アルバイト収入が「月額88,000円未満」であれば所得税は天引きされず、逆に「月額88,000円を超える」と所得税の天引きを受けるのです。

確定申告をすることのメリットとは?

確定申告することによって「所得税を確定」できます。それによって所得税の還付または追納の手続きを行います。還付と追納については以下の通りです。

「源泉徴収額>所得税額」の場合…「還付」

確定申告をした結果、源泉徴収額が所得税額よりも多い場合、つまり必要以上の税金を支払っていた場合には、税務署から「還付」を受けることができます。したがって、払いすぎた所得税が戻ってきます。

源泉徴収は、徴収する税金が少なくならないようにすることを目的としているため、本来納めるべき税金額よりも少し多めに設定されているといえます。このため、一般的には、きちんと確定申告を行うことで還付を受けられるケースが多くなります。

「源泉徴収額<所得税額」の場合…「追納」

確定申告をした結果、源泉徴収額が所得税額よりも少ない場合には、税務署へ「追納」の手続きを行います。所得税を納めることは市民の義務です。したがって、脱税をしないで済むようになるのです。

確定申告の手続き方法

アルバイト収入があり、確定申告の対象者である場合の確定申告の手続きについてみていきましょう。

確定申告の準備をする

まずは確定申告書の準備をします。確定申告書の作成に当たっては「給与明細」・「源泉徴収票」・「領収証」などが必要です。これらの資料を予め用意しておくとスムーズに作成ができます。捨ててしまわないように普段から保管するようにしましょう。捨ててしまわないように普段から保管するようにしましょう。

確定申告書を作成する

確定申告書の作成をします。確定申告書は「A」と「B」の2種類があります。一般的にアルバイトは「A」を使います。なお、具体的な作成手順は次の通りです。

  1. 源泉徴収票の支払金額を「収入金額等欄」に書く
  2. 給与と給与所得控除額の差を「所得金額欄」に書く
  3. 基礎控除と勤労学生控除を「所得から差し引かれる金額」に書く
  4. 源泉徴収票の源泉徴収額を「税金の計算」に書く
  5. 追納または還付金額を決定する

確定申告書を提出する

確定申告書を提出します。管轄する税務署に送付、または持参しましょう。税務署の窓口で確定申告書を受理してくれます。

アルバイト収入金額に関するよくある疑問

アルバイトをしていると「103万円」、「130万円」などの言葉を耳にすることもあるでしょう。これらは所得税と関係がある区切りです。そこでアルバイト収入金額に関する疑問について答えます。

アルバイト収入が「103万円以下」

アルバイト収入が103万円以下の場合は、扶養控除対象として扱われます。また、所得税の非課税枠の範囲内であるため、源泉徴収されていた場合には確定申告をすれば還付を受けられます。

アルバイト収入が「103万円超~130万円以下」

アルバイト収入が103万円超の場合には、まず家族の扶養控除から外れます。また所得税の課税対象として納税の義務を負います。けれども、勤労学生控除の非課税枠が「27万円」あります。したがって、130万円以下なら所得税の課税は免れます。

勤労学生控除を受けるためには、「扶養控除等(異動)申告書」に勤労学生控除に関する事項を記載して勤務先に提出する必要があります。

アルバイト収入が「130万円超」

アルバイト収入が130万円超の場合には、社会保険の扶養から外れます。したがって、学生自身が社会保険料を支払い健康保険に加入する必要があります。

おわりに

大学生のアルバイト収入に関係する確定申告について見てきました。確定申告をすると納め過ぎた所得税を取り戻すことができます。もしアルバイト収入で「源泉徴収」が発生しているのであれば、この確定申告の手続きを取るといいでしょう。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応