[確定申告]外国税額控除の修正について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 外国税額控除の修正について

外国税額控除の修正について

証券会社に勤めるサラリーマンです。不動産所得もありますが1部屋だけなので自分で白色申告しています。全てをバカ正直に申告しています。
米国上場株式を数千万円保有しており、年に数百万円の配当を受け取っています。配当は日米二重で源泉徴収されているので、それを取り戻すため確定申告で外国税額控除欄に詳細を申告しました。
が、先日税務署から修正依頼が届きました。外国税額控除欄に詳細は申告したものの、配当収入欄に申告していなかったのが理由です。「分離課税であれば収入として申告する必要はなく、配当収入に申告してしまうと総合課税になる」と思い込んでおり、申告分離課税として配当収入を申告しないと外国税額控除が受けられないということを知りませんでした。etaxで申告しているのですが、配当収入に何も記入せず外国税額控除欄に詳細を記入しただけで「納める税額」の金額がしっかり減ったので、これで正しい申告なのだと思いそのまま申告しました。
申告分離課税として申告したいと申し出たところ、3月15日を過ぎているので修正できないという話。外国税額控除を受けられないため数十万円を追加で納付せよと。

税務署が作ったetaxに必要な情報を全て記入し、そこで計算されたものを信じてそのまま申告したにも関わらず、「そのシステムは収入と控除の欄がリンクしていないんですよ」という意味不明な説明をされ、不完全なシステムのせいで数十万取られるのは理不尽だと思います。
不服申し立て等の手続きを取ろうと思っているのですが、取り戻せる可能性はあるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

税理士の回答

いただいた情報だけでは、不明な点がいくつかありますが・・・
第一に、この外国株式は、日本の証券会社を通じて保有されていますね?

第二に、税務署の説明が矛盾しているようですが・・・
a. 外国税額控除は受けられない⇒配当所得=外国源泉所得=ゼロ だからだと思うのですが・・・すなわち、(申告はしないけど)分離課税になっている

b.一方で、税務署の回答が申告分離課税はだめという

このa.b.が一つの事実に成り立つことはないような気がします。

いずれにしても、回答をするには、情報が不十分です。


うまく返信できていませんでした。遅くなってすみません。

1.この外国株式は日本の証券会社を通じて保有しています。
2.配当収入を3月15日までに申告していれば申告分離課税扱いになり、それに対して外国税額控除は適用されるが、現時点で修正することは不可能。修正したいなら配当収入は総合課税にしかできないと。総合課税が嫌なら外国税額控除は諦めなさいと。

非常に微妙な問題ですね。

あなたは、申告時に3つのオプションが与えられていました。
1.総合課税+外国税額控除、 2.申告分離課税+外国税額控除、 3.申告しない
このうち、当初申告では、3を選択したが、外国税額控除を取れないにもかかわらず取ってしまった。

⇒税務署は、あなたが3を選択したと判断して、それならば外国税額控除は認められない(つまりは違法) 従って、修正申告をしてくれという主張をしています。
それに対して、あなたは、2であると主張したいわけです。

ところで、納税者(あなた)が、当初の申告の変更を主張する場合には、2つのルートがあります。

第一のルート:.更正の請求:当初の申告が違法であることおよびその結果その違法を直せば、税額が少なくなっていることが必要です。(国税通則法23条)

本事件では、この要件を満たしていない⇒ダメ

第二のルート:これは、afterの税額がbeforeの税額を超えている必要があります。
あなたの方で、修正申告をして、2+外国税額控除を行うことは可能であるような気がします。 なぜなら、tax (after 修正申告)≧tax (before 修正申告)という要件を満たしているからです。

但し、税務当局または国税不服審判所が受け入れてくれるかは、わかりません(類似の判断事件はありません)

本投稿は、2016年04月10日 20時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 分離課税と株式配当控除に関して

    平成27年にFX取引で、利益が生じたため、確定申告をしますが、FX取引は分離課税の先物取引に該当すると思うので、分離課税にて計算を行いました。 他収入は給与所...
    税理士回答数:  1
    2016年02月16日 投稿
  • 外国法人からの配当金について

    所有している外国法人株式の配当金(関連会社ではありません)は、配当金の益金不算入計算時において、国内法人株式と同じ考えで計算すればよいのでしょうか? それとも...
    税理士回答数:  3
    2015年07月20日 投稿
  • 外国株式の配当金にかかる源泉税

    外国株式の配当金にかかる源泉税は所得税、住民税、外国法人税の3つに区分されて 源泉徴収されています。 所得が少なければ確定申告することにより、源泉された所得...
    税理士回答数:  2
    2016年02月22日 投稿
  • 外国税額控除について

    海外の子会社が日本のコンサル会社(当社とは関係ない第3者の企業です)へ調査費を支払った場合、源泉税が課せられますが、この源泉税は日本の親会社の法人税申告時に外国...
    税理士回答数:  2
    2015年12月09日 投稿
  • 外国税額控除について

    外国税額控除とは、例えば日本親会社が外国子会社に貸付金を貸し付けていたとして、外国子会社から支払われる利息が、支払い時に現地で源泉徴収された上に、日本国内でその...
    税理士回答数:  3
    2015年05月06日 投稿

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
52,429
直近30日 相談数
1,503
直近30日 税理士回答数
2,604