税理士ドットコム - [源泉徴収]1月5日払いの給与を12月29日に支払った場合の処理 - こんにちは、回答申し上げます。どちらでも構いま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 1月5日払いの給与を12月29日に支払った場合の処理

1月5日払いの給与を12月29日に支払った場合の処理

20日締めの毎月5日が給与の支払い日なのですが、1月5日支払い分を早めに12月28日に支払った場合、これは27年分の収入になりますか?
また、これが27年分の収入となった場合、源泉徴収簿は27年分の何月の欄に記入したら良いでしょうか
28年の1月の欄は空欄になるのでしょうか

税理士の回答

眞喜屋朱里

こんにちは、回答申し上げます。どちらでも構いませんが、本来は1月に記載かと存じます。12月に記載した場合、来年も同様の処理となります。いずれにしても継続していれば問題ございません。以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

本投稿は、2016年01月10日 18時53分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,137
直近30日 相談数
1,013
直近30日 税理士回答数
1,925