税理士ドットコム - [資金調達]持続化給付金:直前の事業年度の年間事業収入額の算出方法について(事業年度の期間が1年未満の場合) - 申請要領(中小法人等向け)9ページの以下の記述を...
  1. 税理士ドットコム
  2. 資金調達
  3. 持続化給付金:直前の事業年度の年間事業収入額の算出方法について(事業年度の期間が1年未満の場合)

持続化給付金:直前の事業年度の年間事業収入額の算出方法について(事業年度の期間が1年未満の場合)

お世話になります。
下記お教えいただければ幸いです。
法人申請に関する質問です。

直前の事業年度の期間が決算期変更のために1年未満の場合(7か月)
年間事業収入額はどのように算出すべきでしょうか。

事業年度の平均月額(7か月なので売上額を7で割る)を算出し、その後12(か月)をかけ年間収入額とするのは考え方としておかしいでしょうか。確定申告書記載の7か月分しかない額が年間収入額となるのでしょうか。

以上 宜しくお願い致します。

税理士の回答

申請要領(中小法人等向け)9ページの以下の記述をご参照ください。
例)
● 3月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度は2018年4月から2019年3月となります。
● 12月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度は2019年1月から2019年12月となります。

仮に9月決算(3~9月)の場合、前年10月から今年9月の1年間の売上高になると思います。
確定的な回答は事務局にご照会ください。

お忙しいところ
丁寧なご回答を早速頂戴しありがとうございました。

本投稿は、2020年11月28日 01時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

資金調達に関する相談一覧

分野

資金調達に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
57,021
直近30日 相談数
1,585
直近30日 税理士回答数
2,429