会社設立した直後に「法人クレジットカード」の審査をクリアするためのポイント - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 会社設立のハウツー
  4. 会社設立した直後に「法人クレジットカード」の審査をクリアするためのポイント

会社設立した直後に「法人クレジットカード」の審査をクリアするためのポイント

会社を設立して法人ができた後に、法人名義のクレジットカードであればとても便利です。法人クレジットカードは、経営に欠かせないツールとも言えるでしょう。

しかし、法人クレジットカードを作るためには、クレジット会社の審査をクリアする必要があり、会社設立直後の法人は信用が確立できていないため、作ることができるクレジットカードは限られます。また、審査をクリアするためには、最低限押さえておいた方が良いポイントがあります。

このページでは、法人クレジットカードを作ったときに得られるメリットから、会社設立直後でも作りやすいカードや、その審査をクリアするためのポイントをご説明いたします。

目次

法人クレジットカードとは?

法人クレジットカードとは、その名の通り、法人に対して発行されるクレジットカードのことを言います。略して法人カードと呼んだり、ビジネスカードコーポレートカードという名称で呼ばれるものもあります。

法人クレジットカードの名義は、法人に所属する個人になります。引き落とし口座は法人名義の銀行口座である必要があります。

法人クレジットカードは企業や種類によって利用限度額が設定されます。また、カードの発行枚数は、ビジネスカードと呼ばれるものの多くには上限がありますが、コーポレートカードでは法人がカードの発行枚数を指定できることがあります。

ビジネスカードの場合の限度額は、追加カードも一律の金額となりますが、コーポレートカードの場合は、部署全体・カード使用社員1名ごとに設定することが出来ます。

ビジネスカードは経営者や個人事業主向け、コーポレートカードは企業向けと言えるでしょう。

法人クレジットカードを作るメリット

法人クレジットカードを利用することで得られるメリットは以下のようなことが挙げられます。ひと言でいえば、「経理処理の効率化と手間の改善、クレジットカードの特典が利用できること」です。

  1. 各種支払いを法人クレジットカード払いにしておけば、カードの利用履歴が明細書として届けられるため、経費のチェックが楽になり、計上漏れも少なくすることができます。
  2. 手続きをすることで、社員にも法人クレジットカードを持たせることができます。出張や備品購入などの細かい支払いについても法人クレジットカードを利用すれば、仮払いなどの手間を大きく省くことができます。
  3. クラウド会計ソフトを利用する場合、法人クレジットカードを連携すれば、帳簿作成等の経理作業を大幅に削減できます。
  4. 法人クレジットカードでの支払いは、現金払いすることと比べると、口座から引き落とされるまでの期間が長くなるため、キャッシュフローが改善されます。
  5. カードによりますが、保養所やスポーツクラブなど福利厚生に役立つ付帯サービスが利用できたり、ポイントマイルを貯めて、商品券や航空券に交換することができます。

法人クレジットカード活用方法の具体例

例えば以下のように利用すれば、法人クレジットカードのメリットを最大限活用できるでしょう。

出張時に活用する

出張のときには以下のように活用することが考えられます。

  • 旅行保険付帯であれば、出張先での万一の事故の際に補償が受けられる。
  • 空港ラウンジが無料で使用できるサービスが付いていれば、インターネット環境が整っているため待ち時間で仕事をすることができる。
  • キャッシング機能があれば、いざというときやカード払いのできない経費が発生したときに、ATMで現金を引き出せる。
  • 海外出張であれば、外貨準備の手間が省ける。また、経費清算時にレート計算しなくて済む。

ポイントを活用する

法人取引の場合は支出額も大きくなるため、以下のように利用すれば、ポイントが貯まりやすくなります。そのポイントを備品や商品券と交換すると良いでしょう。また、前述のとおり、経理の手間を大きく省くことにもつながります。

  • 通信料や光熱費などの経費をひとつの法人クレジットカードで支払う。
  • 社員用カードの発行を行い、備品購入や交通費、出張費などを法人クレジットカードで支払う。
  • 車をよく利用する場合は、ETC付きにして利用する。

法人クレジットカードの審査基準と対策

設立したばかりの会社は倒産のリスクがあるため、多くのクレジットカード会社は厳しい審査基準を設けています。

一般に3年以上の経営歴があり2期連続黒字であることが目安と言われています。また調査機関の情報を元に審査をし、さらに事業主の信用情報も調査されます。

このため、例えば、三菱UFJニコスのなどの銀行系法人クレジットカードは、法人としての信用を重視するため、会社設立直後に作ることはほぼ不可能といえるでしょう。

しかし、アメリカンエキスプレスビジネスゴールドJCB法人カードは代表者個人の信用を重視するため、一定の条件さえ満たせば、会社設立直後でも審査に通り、個人クレジットカードを作れる可能性が高いでしょう。対策について以下にまとめたので参考にしてください。

  • 固定電話を用意する
  • co.jp ドメインの会社のWEBサイトを用意する。
  • 業績の欄には設立日から申込記入日までの売上と利益を記入する。
  • その他の任意記入の部分もしっかり記入する。

固定電話が無い場合は、IP電話の番号を新たに契約すると良いでしょう。例えば、NTTの050PLUSでしたらスマートフォンのアプリを入れるだけです。月額料金は300円から使用できます。他には、050freeSMARTalkなどで050から始まる電話番号を取得することが出来ます。なお、アメリカンエキスプレスは携帯電話でも大丈夫なようです。

会社設立直後でも作りやすいクレジットカード

新設法人の経営者がよく利用している法人クレジットカードの年会費と特徴をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。なお、年会費や特徴は、本記事の公開時点での情報なので、詳しくは、各カードのページでご確認ください。

会社設立直後でも作れる法人クレジットカード比較

 年会費特徴
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド31,000円+税

設立初年度でも審査に通りやすい。

年会費が高めの分、付帯サービス(特に旅行と娯楽)が充実している。ポイントはマイルへの移行が可能。

限度額が非開示。支払状況や業績に応じて増減する。

JCB法人カード

一般カードは1,250円+税

ゴールドカードは10,000円+税

プラチナカードは30,000円+税

国内で利用できないところがほぼない。

キャッシュバック型とポイント還元型の2タイプから選択できる。キャッシュバック型は毎月の利用料金に応じて翌月の交通費、出張旅費が最大で3%還元される(毎月最大15,000円まで)。ETCカードの複数枚発行も年会費無料。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ2,000円+税

個人事業主・小規模な法人に的を絞ったカード。

法人カードと個人カードの中間の位置づけで発行されているため、登記簿謄本・決算書の提出が不要。また、ビジネスの経費清算を目的として作られているため、ビジネスをする上でメリットのある優待サービスは十分ある。VISAなので、国内はほぼ利用できる。ポイントはマイルに移行可能。

固定電話がなくても作れる。

IDとQUICPay2つの電子マネーが搭載。

三井住友ビジネスカードフォーオーナーズ

クラシック(一般)カードは1,250円+税

ゴールドカードは10,000円+税

プラチナカードは50,000円+税

個人事業主・中小規模の法人に的を絞ったカード。

VISAとMastercardの両ブランドをそれぞれ1枚ずつ発行できる(デュアル発行)。

カードのランクによって貯まるポイントと有効期限が異なる。

ポイントはANAマイル移行可能。キャッシュバックもできるが還元率が悪い。

設立1年目でも作れて、登記簿謄本・決算書が不要。
固定電話がなくても作れる。

P-one Business Mastercard2,000円+税

赤字決算でも審査に通過する。

計6枚まで発行できる。

最大で300万円までキャッシング可能。

固定電話(IP電話)の設置が必須。

法人クレジットカードの手続手順と必要書類

法人クレジットカードを作成するときの手続きの手順は、カード会社のホームページから申込をして、後日必要書類を送付するか、もしくは、電話で資料請求をして申込書を送付してもらい、必要書類とともに返送するのが一般的です。

必要書類は、各種カードによって違いはありますが、主に以下のものが必要となります。

  • 法人名義の銀行口座
  • 法人印
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証のコピー等住所がわかるもの)
  • 登記事項証明書と印鑑登録証明書(登記所の窓口で請求するか、または 法務局のオンライン申請システムを利用して請求します。

申込と必要書類を送付すると、在籍確認の電話が来ます。その後、法人クレジットカードの発行が、可であれば、簡易書留郵便や本人限定受取郵便にてカードが届きます。不可であれば、書面もしくはメールにて結果の連絡があります。結果までは、通常は、申込から2~4週間程度です。

おわりに

以上が、法人クレジットカードを初めて作るときに知っておくべきことです。法人クレジットカードを作るには、ご説明した通り、ホームページや固定電話などが必要になるため、これらの知識を理解した上で、計画的に準備しておくと良いでしょう。また、カードによって、年会費やサービスなどが大きく異なりますし、年会費の高いほうが付帯されるサービス内容は充実します。会社の成長に合わせて必要なものを選び、賢くカードを利用してください。

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

会社設立に関する税務相談Q&Aをみる

  • 仮想通貨トレードのみの合同会社設立時の資本金について

    合同会社を設立しようと思っています。 そこで資本金を最近上場したICOトークンで現物での資本金にしたいのですが、まだそのトークンの板がスカスカで資本金にしたら現...
    税理士回答数:  1
    2019年03月23日 投稿
  • FXとその他の事業所得がある場合の開業について

    今年の2月から個人で仕事をしています。 開業届を出さなければといけないため、色々調べている最中です。 活動内容は以下です。 ・公演活動 ・FX 公演は、経費...
    税理士回答数:  1
    2019年03月22日 投稿
  • 【会社を設立するか vs 個人事業主】相続税

    【会社を設立するか vs 個人事業主】 2019年4月1日に会社を設立するか考慮しています。 1.会社を設立するとその株主が亡くなった場合、相続税が発生するか。...
    税理士回答数:  3
    2019年03月20日 投稿
  • 法人について

    個人事業主から法人にしようと思っています。 どのような申請が必要で費用はどれくらいかかりますでしょうか。 また、個人事業主と法人の税金の違いを教えてください。
    税理士回答数:  1
    2019年03月19日 投稿
  • 派遣業の許可

    派遣業の許可についてですが、許可を取るのに2000万円ぐらいかかると聞いたことがあります。 実際は、どのような申請と費用が必要でしょうか。
    税理士回答数:  1
    2019年03月19日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応