[2018年からの配偶者控除]年収1300万の夫がいる妻の働き損にならない年収は? - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 年収1300万の夫がいる妻の働き損にならない年収について

年収1300万の夫がいる妻の働き損にならない年収について

会社員の夫は年収1250-1300万円です。
今年から私も働く予定ですが、2-3箇所の学校法人で非常勤講師として勤務予定です。

勤務先が複数になる場合、自分で社会保険や厚生年金に加入する必要が出てきた場合どうすれば良いのでしょうか。

私の年収は103万円以内、130万円以内、200万円前後この3つで考えていますが、世帯年収としての損得だけを考慮した場合どれが1番良いでしょうか。

宜しくお願いします。

税理士の回答

まず、2018年から所得税の配偶者控除の改正があり、年収1220万円(所得1000万円超のサラリーマンは配偶者控除の適用はなくなりました。
この点からは、ご相談者様は自分が稼ぐ給料を気にすることはありません。

次に社会保険の加入の点からですが、複数の勤務先で非常勤として働かれる場合、特定の勤務先で概ね130万円以上とならない場合には、勤務先から自分で社会保険に加入する様(夫の社会保険から外れる)、言われることは通常ありません。
この点から、特定の勤務先で社会保険加入の目安の130万円を超えない方が世帯収入としてはプラスです。

以上からは、特定の勤務先で130万円を超えない様に働かれるのが世帯収入にとってはプラスといえます。

早々のご回答を頂き誠にありがとうございます。大変分かりやすく参考になりました。

夫の会社からは、[年収で130万以内かつ扶養者の2分の1未満]であれば社会保険に継続加入可能とのご説明を頂きました。

今後も正社員ではなく、非常勤講師として複数の勤務先で働く予定です。どの勤務先でも130万円以上の収入にならない場合、合算した年収が130万以上で夫の社会保険から外れる時にはどのような手続きが必要になりますか。

また社会保険から外れ、その他税金を納めないといけなくなった場合、どれくらいの年収になれば世帯年収としてプラスになるでしょうか。(個人的には130万円を超えれば200万円くらいまで額を上げないとメリットが無いと考えていますが、この見解は如何でしょうか。)

どうぞ宜しくお願い致します。

1 社会保険の扶養から外れる場合ですが、夫の会社にその旨を申し出て、会社から「健康保険 被扶養者異動届」を提出します。
(国保の場合)またご自身で市町村役場で国民健康保険加入の手続きを行います。(勤務先の社保に入る場合)非常勤の勤務先で社会保険に加入できる先があればそこで加入手続きを行います。

2 稼ぐ年収によるシュミレーション
ご自身の所得税、住民税、社会保険料(国保の場合と勤務先の社保の場合)それぞれの影響、夫の扶養を外れる場合の夫の所得税・住民税の影響を加味しないといけません。複雑で結構な時間がかかるので、ここでのシュミレーションは省略させてください。

ご丁寧に何度もありがとうございました。
頂きましたアドバイスを参考に仕事を始めたいと思います。また機会がありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

本投稿は、2018年03月30日 22時02分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,354
直近30日 相談数
995
直近30日 税理士回答数
1,880