[配偶者控除]主人の扶養内で働きたいです - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 主人の扶養内で働きたいです

主人の扶養内で働きたいです

恥ずかしい話よくわからないので教えてほしいのですが…保険の満期で80万ほどの一時所得があり今年の収入にプラスされる予定です。私はパートをしており今の時点で40万くらい収入があります。150万の壁や130万の壁103万の壁色々聞きますが、扶養内で治めるには一時所得と今年の収入合わせていくらまでなら大丈夫なのでしようか?

税理士の回答

富樫修一

保険の満期返戻金から、これまでの支払保険料総額を差引き、50万円を控除した金額の1/2が、80万円ですか。

文面から分かる範囲内でお答えいたします。

扶養と言いましても、社会保険と税金と2種類の扶養があります。それぞれ扶養に入っていれば入っているものについては社会保険料を払わなくて良かったり、扶養に入れている人の税金が軽減されます。

社会保険料の扶養ですが、一時所得については数えないケースがあります。社会保険料の扶養は130万円稼ぐ見込みがあれば外されるものです。ですのでそれを考えなければ90万円余分に稼げます。そうでなくても10万円は余分に稼げます。

税金ですが、一時所得になる金額はおわかりでしょうか。保険会社の通知に書かれているかと思います。一時所得になる金額がわかりませんので、0円のケースと80万円のケースでお答えいたします。
配偶者控除または扶養控除に入るのであれば、一時所得が0の場合は63万円、80万円の場合はすでにオーバーしているので入ることはできません。

また、ご主人様(か奥様)の扶養に入っているのでしょうか。でしたら、配偶者特別控除というのがあります。これは配偶者の年間所得が1000万円以下ならいくらか配偶者の所得控除が受けられるというものです。配偶者控除と同じものということでしたら、配偶者の所得が900万円以下で、一時所得が0の場合は110万円、80万円の場合は30万円余分に稼げます。
ただし、地方税の金額が増えることがありますのでお気を付けください。

ご参考になれば幸いです。

返答ありがとうございます。
計算式に当てはめて計算した結果金額が80万です。

富樫修一

お返事ありがとうございます。
残念ながら、80万円の一時所得では、今年の扶養(控除対象配偶者)にはなれません。
来年のパートの給与収入を130万円以下とすれば、扶養となり、配偶者特別控除が受けられます。

富樫先生ありがとうございました。
扶養になれないのであればあと半年どうすればいちばんよいのでしようか?普通に働いたほうがよいのか減らしたほうがよいのかたくさん働いたほうがよいのか…いちばん負担がかからない方法が知りたいです。

中川先生ありがとうございます。
社会保険の扶養で130万稼ぐ見込みがあると一時所得を数えないケースがあるというのはどこで判断されるのですか?
主人の扶養に入っています。

社会保険の扶養ですが、実際の収入ではなく、見込みの収入で判定されます。
この場合、一時所得が今後も毎年続くのであればカウントされますが、今回のように一回限りでしたら将来はないものとして見込み収入にカウントされないはずです。

ご参考になれば幸いです。

中川先生ありがとうございます。
何度もすみません。
いつ判定されるのでしょうか?
来年になってからですか?

富樫修一

社保の問題があるので、130万円以内に抑えるのであれば、残りの給与収入が90万円となります。
仮に、扶養や社保を度外視して考えれば、無制限に働いた方が手取り額は増えると思います。

パートを続けられるのであれば、まずは今年の4−6月に掛けてかと思います。一時所得の収入がそのころとしても一時所得はカウントされないかと思われます。

富樫先生、中川先生ありがとうございます。
中川先生、4月ー6月に掛けてということですが、どのような形でこちらがわかるのですか?書面で送られるのですか?

正確に言えば保険に入っている人は4月から6月の給与について届け出ることになっているからです。基本的にはこの当たりで見直しをするのではないかということです。
ただ、これは一般論ですべての会社に当てはまるわけではありません。
ご参考までに。

返答していただきありがとうございます。社保の扶養内のことを考えて130万以内に抑えようと思っているのですが、
交通費込で130万以内でないといけないのでしようか?それとも交通費抜いての130万なのでしようか?

富樫修一

交通費が非課税であれば、交通費抜きでよいと思います。

本投稿は、2018年06月06日 18時22分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,955
直近30日 相談数
1,128
直近30日 税理士回答数
2,194