源泉徴収の納付について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 源泉徴収の納付について

源泉徴収の納付について

副業で取引している会社への請求についてなのですが、源泉徴収の税金を差し引いた金額で請求を依頼されました。このような場合、毎月自分で源泉所得税を納めないといけないのでしょうか。また副業所得が20万円以下でも毎月収める必要があるのか、それとも確定申告の際にすればいいのか教えていただきたいです。

税理士の回答

源泉徴収義務者は報酬の支払者であり、徴収した所得税を納付するのも相手方の会社です。
したがって、あなたは源泉徴収税額を差し引かれた金額が手取りとなります。

回答ありがとうございます。

仮にデザイン費用1式50000円(外税)を
請求する場合、
54000円-源泉徴収分(54000の10.24%)=48600円を請求し、源泉徴収税は自分で別途支払う必要はないということでしょうか。

税抜5万円を請求する場合、
5万円−(5万円✖️10.21%)+5千円(消費税)=49,895円
となります。
なお、源泉徴収されなければ55,000円貰うべきところ源泉徴収税額5,105円を引かれて49,895円が手取りとなります。

回答ありがとうございます。
源泉徴収について調べたところ、
取引先に源泉徴収分を請求しない場合は
自分で支払う必要があると聞いたのですが、
自分で源泉徴収分は支払わなくても問題ないのでしょうか。

全く税金について理解ができておらず
何度も質問して申し訳ございません。

そういうことはありません。
源泉徴収制度は、最終的に税金を負担するのは報酬を受ける者ですが、源泉徴収義務者が報酬を支払う際に定められた税率を適用して、算出した税額を預かって国庫に納付するものです。

本投稿は、2020年09月16日 14時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

源泉徴収に関する相談一覧

分野

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
50,398
直近30日 相談数
1,388
直近30日 税理士回答数
2,512