源泉徴収票と住民税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 源泉徴収票と住民税について

源泉徴収票と住民税について

源泉徴収票には住民税の記載がないですが、住民税は控除されないのでしょうか。

手取り金額は、給与所得控除後の金額−所得控除の額の合計額−1年間支払った住民税の合計額という認識でよろしいでしょうか?

税理士の回答

源泉徴収票は、所得税についての記載になります。住民税は、翌年の6月から給与から特別徴収(天引き)になります。市区町村から会社に納税通知書が送付されます。なお、手取額は以下の様になると思います。
給与収入金額-給与所得控除額=給与所得金額
給与所得金額-所得控除額=課税所得金額
課税所得金額x所得税の税率=所得税額
給与収入金額-社会保険料等-所得税額-住民税額=手取り金額

本投稿は、2022年05月13日 22時53分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

源泉徴収に関する相談一覧

分野

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
83,518
直近30日 相談数
1,017
直近30日 税理士回答数
1,754