[計上]分割払いの着手金の仕訳方法 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 分割払いの着手金の仕訳方法

分割払いの着手金の仕訳方法

お教えください。

着手金(結果がどうであれ返金はしない)を2分割で貰いました。
その場合の仕訳方法を教えて頂きたいです。

6月1日に着手金600,000円請求(6月10日と7月10日にそれぞれ300,000円ずつ支払う)
この場合の仕訳方法を知りたいです。

税理士の回答

こういうケースで一番簡単な仕訳は
6月10日、7月10日共に
現預金 300,000 売上300,000
と処理することです。
お仕事が今期決算までに終わるのであればこれで十分です。

今期決算までに仕事に着手すらしていない場合は、7月10日が決算日前という前提で、
売上 600,000 前受金 600,000
として、決算明けの初日に
前受金 600,000 売上600,000
とするのが良いでしょう。

本西先生
お教え頂き、ありがとうございます。
わかりやすくて、勉強になりました!
今期に終わるので、前者で仕訳したいと思います。

お役に立てたようで良かったです。
また何かあればいつでもどうぞ。

本投稿は、2019年06月12日 20時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,918
直近30日 相談数
1,199
直近30日 税理士回答数
2,101