[給与計算]定期代の支給方法について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 給与計算
  4. 定期代の支給方法について

定期代の支給方法について

現在、中小企業で経理をしています。
ある社員が、A支店に所属していたのですが、近い将来異動になる為お試し期間で、B支店に毎日行っています。電車代も定期券を購入して通勤しています。
一般的な社員であれば、自宅からA支店やB支店に通勤する際は、定期券を購入して会社から非課税支給(給与で)されて精算すると思いますが、その社員は給与で支給せずに、他の電車代や物品購入と一緒に経費精算で出金しています。
しかも、その支給を給与明細上に乗せずに、そのまま処理しているのですが、会社の各種税や個人に掛かる税金・社会保険に影響はないのでしょうか?

税理士の回答

税金に関して、実費通勤費であれば、月150,000までは非課税です。
社会保険は専門外になりますが、国の見解としては、現在の支払い方法も報酬扱いとなるみたいです。
通勤費は、会社が負担しなければならない費用ではなく、与えた給与から本人が負担してもいいわけで、その費用を負担することは給与となる。
労災は通勤時から保障の対象となっている。
そのようなことを考えると社会保険では問題になるように思います。
社会保険関係につきましては、年金事務所や職安又は社労士さんにご相談いただくのがよいと思います。
よろしくお願いいたします。

本投稿は、2019年12月04日 22時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

給与計算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
37,807
直近30日 相談数
1,494
直近30日 税理士回答数
2,588