[住宅ローン控除]登記名義 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 住宅ローン控除
  4. 登記名義

登記名義

妻の再就職を機に家を建てます。土地建物総費用5500万のうち、頭金1500万(夫210万 妻290万 妻両親より贈与1000万)、残り4000万は夫単独名義でローンを組む予定です。今後は夫婦共働きなので、ローン返済は夫婦合算で返済していきます。現在の年収は夫760万、妻240万(予想額)で割合は7:3です。このとき、登記名義はどのようにするのがベストなのでしょうか?贈与1000万は「住宅取得等資金贈与(省エネ・耐震対応住宅の場合 )の非課税特例」です。この贈与は妻側の出資額として登記名義に反映できるのでしょうか?贈与税対策もあわせて御教示ください。

税理士の回答

「住宅取得資金の贈与」の特例は直系親族間の贈与に関して認められるものですので、奥様のご両親からの贈与は奥様への贈与に関してのみ、特例が認められます。
従いまして、ご両親からの1000万円は奥様に対する贈与として、奥様の出資額と考える必要があります。
そういたしますと、お二人の出資額は次のようになります。
ご主人:自己資金210万+ローン2800万(4000万×70%)=3010万円
奥様:自己資金290万+贈与資金1000万+ローン1200万(4000万×30%)=2490万円
この場合における登記に関しましては、ご主人:301/550、奥様249/550、が正確な割合となりますが、端数を調整して30/55:25/55としましても、その差額は10万円程度ですので、税の問題は生じないものと考えます。

なお、「住宅取得資金の贈与」の特例は、様々な適用要件と申告要件がありますので、その点は十分ご注意ください。

本投稿は、2014年11月04日 00時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

住宅ローン控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,113
直近30日 相談数
1,735
直近30日 税理士回答数
3,028