同人活動で確定申告が必要になるときってどんなとき? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のハウツー
  4. 同人活動で確定申告が必要になるときってどんなとき?

同人活動で確定申告が必要になるときってどんなとき?

同人誌や音楽CD、アニメのグッズなどを作ったり販売したりすることを「同人活動」といいます。

本業や副業、ネット販売やコミケに出展した場合など、どこで売ったかということは関係なく、同人活動で利益を得ると、「確定申告」または「住民税申告」をしなければなりません。

また、もしも”赤字”でも、経費のレシートや売上の帳簿などがなにもないと、のちのち税務署などからお尋ねが来た際に、税金が課されることがあります。

年末には、冬コミケが開催されますが、その前に知っておくべき同人活動と税金の関係について解説いたします。これを読んで、正しい税金対策をしましょう。

目次

同人活動で確定申告が必要な人は?

確定申告が必要になるかどうかは、その同人活動が「専業」「副業」かで変わります。

同人活動を副業としている方(※1)は1年間の利益(所得)が20万円を超えた場合(※2)に、確定申告の手続きが必要になります。

※1 本業の会社での年末調整だけで税金の計算が完結する方。

※2 本業の給料と同人活動以外に他の所得がある場合には、それらも含めて判定します。

一方、同人活動を専業としている方は、所得の合計額が所得控除額(最低38万円の基礎控除があります)を超える」場合に、確定申告の手続きが必要です。

同人誌・同人ゲーム・グッズなど物を販売したとき

同人誌・同人ゲーム・グッズなど物を販売する場合には、売上が出ます。

売上とは、基本的には販売額を指し、例えばコミケ会場で同人誌を販売した場合は、その場所で販売して得たお金の合計額が売上になります。

また、委託販売やダウンロード販売の場合も同様です。ただし、これらの場合、販売額から販売手数料等を引いた入金される額を売上額として計上することも可能です。

確定申告が必要な所得というのは、上記のように計算した売上から各種経費を引いた額のことをいいます。

同人活動の場合は、制作段階で支出した支払いなどが、「経費」となります。

具体的には、「冊子印刷代、グッズ制作費、イベント参加費、イベントへの旅費交通費、作品の発送費、文具代、イラスト作成ソフト代、打合せ飲食費、参考書籍代、コスプレ衣装代」などが当てはまります。

コスプレ撮影でギャラをもらったとき

コスプレイヤーの場合、写真集やROMの販売以外に、モデルやイベント招待を受けた際にギャラが発生する場合があります。また、イベントを開催して収益を得ている方もいると思います。これらの合算が売上となります。

コスプレイヤーであれば、イベント参加費やグッズ制作費以外に、「衣装代やメイク代」も経費として認められる可能性が高いでしょう。

経費の注意点

経費として認められるためには、領収書やレシートが必要になるため、必ず保管しておきましょう。

もし領収書がもらえないような場合は、出金伝票を作成することで、経費として認められる場合がありますのでこちらも忘れないようにしてください。

また、購入したものが本当に同人活動に必要なものであるかの証明や、支出内容が後々でも分かるように「誰とどのような目的で費用を使用したか」、などのメモなどを残しておくと良いでしょう。

ただし、「経費として認められるだろう」と考えていても、実際には経費として認められない場合や、一部の額しか認められないものがあります。

例えば、コスプレイヤーの場合、全ての化粧品が経費として認められるとは限りません。普段から使用が可能な化粧水や肌色のファンデーションなどは経費として認められない可能性が高いです。

また、同人誌を制作しているからといって自宅の家賃光熱費の全額を経費として計上することは難しいでしょう。その場合は、同人活動とプライベートで使用している時間や部屋の面積などから、使用割合を計算し、家事按分をして一部の費用を計上するという方法があります。

棚卸しに注意!

年末時点で、手元や委託販売会社に作品の在庫が残っていることがあると思います。この在庫分に関してはその年の経費として、計上できません。

在庫があるかどうか、年末時点で作品ごとに在庫数を確認し、印刷単価などをもとにして在庫分の金額を集計する必要があります。

例えば、1冊あたり制作に200円かかる同人誌を1000部制作し、700部が売れ、残り300部が在庫として残ったような場合は、経費として計上できるのは販売した700部だけです。300部に対応する費用はその年に経費として計上できません。

つまり、「200円×700部=140,000円」しか計上できないということなので、年末時点での在庫数と経費の関係には注意が必要です。

住民税申告を忘れずに!

副業で「同人活動での利益が20万円以下だから、税金なんて関係ない!」と思われている方は注意が必要です。

確定申告が不要というのは、あくまで「所得税(国税)」に関する話で、「住民税(地方税)」に関しては利益が少しでもあれば申告をする必要があります。

税務署で所得税の確定申告を行うと、その情報が地方公共団体(自治体)に送られるため、住民税の申告は不要ですが、所得税の確定申告を行わない場合には、住民税だけの申告が必要なので注意しましょう。

確定申告の手順

次に、確定申告の手順を簡単に解説いたします。

1. 確定申告に必要な情報整理

確定申告をする前にまず必要なことは以下の3点です。

  1. 売上がいくらあるか把握する
  2. 同人活動での経費を把握する
  3. 利益(=所得)がいくらあるかを計算する

同人活動での所得がいくらあるのかを、しっかり把握した上で、確定申告の手続きにうつりましょう。

この際に、領収書やレシートなど売上や経費の証拠となる書類を整理しておくと、なお良いです。

2. 申告書の作成

申告書は最寄りの税務署で入手できます。もしくは国税庁サイト「確定申告書等作成コーナー」から直接入力することで申告書を作成できます。

事前手続きをすればインターネットから、電子申告・納付までできる「e-Tax」という制度もあるので、自身にあった方法を選択しましょう。

確定申告がはじめてという方は、税務署や、確定申告時期に各地で開催される「申告書作成会場」などへ行き、無料で指導を受けながら申告書を作成することも可能です。(申告期限間際になると大変混雑するので、時間に余裕を持って準備しましょう)

3. 申告書の提出

申告書は管轄の税務署に持参するか、郵送、またはインターネット上で提出する方法があります。

提出時には「必要書類に漏れがないか」「記入事項に漏れがないか」をしっかりと確認してから提出するようにしましょう。(なお、経費の領収書などは、申告書に添付して一緒に出す必要はありません)

確定申告を間違えてしまうと、後から修正申告等を行う必要が生じ、二度手間となってしまいますので注意が必要です。

4. 税金の納付・還付

税金の納付が必要な場合には、期日までのに所轄の税務署または金融機関に支払う必要があります。期日は原則3月15日までです。

納付方法は、現金支払いのほか、振替納税(口座引落し)などの方法があります。(振替納税の手続きをすると、納付期日が少し遅くなり、4月20日に口座から引き落としになります)

税金の還付を受ける場合には、提出から約1か月ほどで申告書で指定した金融機関に振り込まれます。

同人活動における税金で注意すべきこと

同人活動とは切っても切れない税金の問題の中でも、特に注意すべきことを確認していきましょう。

赤字の時に注意すること

ここまで読んでいただいて、「自分は赤字だから申告しなくても良いのでは?」と思われている方もいるかもしれません。

確かに赤字の方は確定申告の手続きは不要です。ただし、帳簿付けをしなくて良い訳ではありません。

もし税務署からお尋ねがあった際に、赤字であることを証明できない場合、「推計課税」に基づいて税金が課される可能性があります。

推計課税とは、帳簿資料がないために収支の実態がわからない場合や、帳簿の信用性がない場合などに、税務署が納税者の財産の増減や収支の状況、同業者との比較などして、所得金額を推計し、課税額を決定する制度のことです。

推計課税が適用されると、本来であれば納めなくて良いはずの税金を課されてしまうかもしれません。

そのため、売上や経費を証明するための証拠は、確実に手元に残しておきましょう。特に、現金取引のため証明が難しいイベントの売上高については、売上をイベント後すぐに通帳に入金しておくなど、日々の管理が大切です。

レシートを失くして帳簿もない場合は?

「申告が必要だと思わなくて、経費のレシートや売上の帳簿など、なにもない」という場合は、可能な限りの売上や経費の証拠になるものを集めて、今からでも帳簿の作成を行いましょう。

例えば、amazonなどネットショッピングを通じて購入した場合であれば、注文履歴から領収書が再発行できる場合があります。また、事業者によっては一定期間内であれば領収書の再発行をしてくれることもあります。

あとは集めた証拠に基づいて、帳簿の作成をしましょう。

「帳簿をつけるのが面倒」「帳簿の書き方がよくわからない」という場合は、無料で使えて自動で取引情報を残してくれるクラウド型の会計ソフトがおすすめです。

無申告はいつかバレる

「もっと稼いでいる人がいるから自分には回って来ないだろう」「みんな申告していないから大丈夫」と思っていても、今後も税務署に目をつけられないという保証はありません。今現在はそこまで儲かっていなくても、将来的にジャンルの人気の波などにより予想外にヒットした場合に税務調査が入り、過去3~5年分の収支を遡って見られる可能性もあります。

確定申告が必要であるのにも関わらず、確定申告を行なっていない場合、本来納めるべき税金に加えて、延滞税や無申告加算税などが加算されてしまいます。

後々取り返しがつかなくなる前に、確定申告・住民税申告の手続きや帳簿付けなどをきちんと行いましょう。

おわりに

同人活動を趣味として行なっていても、所得が発生していれば課税対象となる可能性があります。

年末には冬コミケが控えています。今まで売上高の管理や経費領収書の整理をしていなかったという方も、いざ確定申告になった際に困らないためにも、これを機に始めてみると良いでしょう。

何か少しでも不安や疑問がある方は「みんなの税務相談」で無料相談も受け付けているので、お気軽にご相談ください。

経費管理や確定申告を楽にしたいなら、

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応