税理士ドットコム - [源泉徴収]請求書の源泉税を少なく記載してしまった場合の処理の仕方について - こんにちは。手取り金額を決めて取引するというこ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 請求書の源泉税を少なく記載してしまった場合の処理の仕方について

源泉徴収

 投稿

請求書の源泉税を少なく記載してしまった場合の処理の仕方について

フリーランスのグラフィックデザイナーをやっています。
昨年、取引先(支払い側)と手取り金額(150万円)を決めて、手取り金額分を支払ってもらいました。
この場合、報酬額は150万円を超えて、本来であれば、請求書は下記のようになるかと思います。
報酬額:¥1,756,597
源泉税:¥256,597
差引合計:¥1,500,000

それを、下記のように請求書を書いていたことに気がつきました。
報酬額:¥1,500,000
源泉税:¥204,200
合計:¥1,704,200
(振込まれたのは、¥1,500,000)

つまり、通常よりも取引先が納める源泉税が少なくなってしまっていたのですが、どう処理すればよろしいでしょうか?
「A:取引先が処理する場合」と「B:こちら側で処理する場合」の二つを教えていただけると助かります。

税理士の回答

こんにちは。

手取り金額を決めて取引するということ自体がおかしいですし
源泉徴収制度を正しく理解されていないのですが、

150万円はもらえているわけですから、
その得意先からもらう支払調書どおりにすれば
よろしいのではないでしょうか。

その得意先が請求書どおりに記載してきたのでしたら
ご質問者さまとしてはそれでよいでしょうし、
反対に正しく計算してきたのでしたら、
請求書の修正版を再発行されたらよろしいかと思います。

以上です。
よろしくお願いします。

本投稿は、2019年01月11日 12時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,814
直近30日 相談数
1,156
直近30日 税理士回答数
1,954