クラウドワーカーなら知っておくべき確定申告の基礎知識 - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. クラウドワーカーなら知っておくべき確定申告の基礎知識

確定申告

クラウドワーカーなら知っておくべき確定申告の基礎知識

はじめに

クラウドソーシングサービスなどが提供され始めたことにより「クラウドワーカー」という働き方の概念が定着しつつあります。こうしたクラウドワーカーは、成果物を納品することで、取引先であるクライアントから報酬を受け取ります。この報酬はもちろん確定申告の対象です。そこで、このページではクラウドワーカーの確定申告のポイントについてご説明します。

目次

クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとはインターネットなどを通じて「不特定多数」の働き手に仕事を依頼することを指します。似た用語にアウトソーシングとありますが、こちらは「特定」の働き手や会社に依頼する点で違いがあります。

クラウドソーシングで扱われている仕事はホームページ制作やアプリケーション開発など多岐にわたります。これらをクラウドソーシング専用のWEBサイトが仲介し、受注者と発注者のマッチングを行っています。

クラウドソーシングの流れ

クラウドソーシングの取引形態にはいくつかの種類があります。たとえば「コンペ方式」や「プロジェクト方式」、「タスク方式」などです。いずれの方式も基本は以下のような流れになっています。

  • 発注主(依頼主)から依頼内容が提示される
  • 発注者・受注者間で契約を締結する
  • 受注者が成果物を作成・納品する
  • 受注者が報酬を受け取る

クラウドソーシングでは納品や完了報告の後、報酬のやり取りを終えた時点で一般的には契約終了となります。報酬額や報酬形態はあらかじめ契約によって決められており、その通りに支払いが行われます。

クラウドソーシングの報酬額とシステム手数料

クラウドソーシングサービスを利用するにあたり、発注者も受注者もシステム手数料を支払う場合があります。ここでは受注者側に限定し、報酬制度とシステム手数料を解説します。

報酬額について

報酬額とはプロジェクト等の完了によって発生した「売上」のことです。なお、報酬額は発注者・受注者間で取り決めるので、一概にいくらとは言えません。仮に契約金額が10万円だったとして、無事にプロジェクトを終えたら10万円が売上になります。

システム手数料について

システム手数料とはクラウドソーシングの専用サイトを使うための「費用」です。サイトによって手数料発生の有無や料金に違いがあり、例えば以下のように決まっています。

  • 契約金額が10万円以下の部分:報酬額の20%
  • 契約金額が10万円超20万円以下の部分:報酬額の10%
  • 契約金額が20万円超の部分:報酬額の5%

つまり、契約金額が10万円だったと仮定すると、受注者へ実際に振り込まれるお金は8万円となるのです。

源泉徴収について

クラウドソーシングを利用するにあたり、源泉徴収されるケースもあるようです。これに関しては、”発注者が源泉徴収義務者に該当するか”や”源泉徴収の必要な支払に該当するか”などによって決まります。仮に源泉徴収が発生しているとすれば、システム手数料を差し引く前の報酬総額に対して源泉徴収税が計算されます。

クラウドワーカーの確定申告手続き

報酬額が発生している以上、基本的にはクラウドワーカーも確定申告が必要になります。そこでクラウドワーカーの確定申告手続きについて確認しましょう。

所得額を算出する

まず所得金額を計算することから始めます。クラウドソーシングによって発生した所得のほとんどは「事業所得」または「雑所得」になるでしょう。いずれの所得においても、以下のとおりに算出します。

  • 所得金額=総収入金額-必要経費

クラウドワーカーに当てはめると「売上」が総収入金額に当てはまり、また「システム手数料」が必要経費に当てはまります。この計算式に当てはめて所得金額を算出します。

所得税額を算出する

続いては所得税額を計算します。所得税額の計算方法は、下記のとおりです。

  • 所得税額=(所得金額-所得控除額)×所得税率

所得税額の計算方法はクラウドワーカーでも同じです。社会保険料控除や生命保険料控除があるなら、それを所得金額から差し引きます。そのうえで所得税率を乗じて所得税額を算出しましょう。

納付額または還付額を算出する

最後に納付額または還付額を計算します。計算方法は以下の通りになっています。

  • 納付額(還付額)=所得税額-源泉徴収税額

クラウドワーカーの場合は源泉徴収税額が発生しているかは契約などによって異なります。契約内容や報酬内容を確認して源泉徴収額が発生しているかどうかを確認する必要があります。

税務署に申告書等を提出・郵送する

確定申告書が作成出来たら、所轄する税務署に確定申告書などを提出または郵送し、所得税の納税・還付をします。これにてクラウドワーカーの確定申告手続きが完了します。

クラウドワーカーは支払調書をもらえるのか?

支払調書は報酬を支払うもの(発注者)が、一定の場合に税務署に対して提出する義務は負っています。しかし、受注者に対しては提出する義務はありません。そのため、クラウドワーカーが支払調書をもらえるかは、発注者によって異なります。支払調書を発行してもらえるのかについては、発注者に問い合わせてみるといいでしょう。

おわりに

クラウドワーカーの中にはシステム手数料と源泉徴収税額を混同している人もいるようです。けれども、これらは別物です。間違いなく確定申告をするために、クラウドソーシングサービスの報酬制度や費用の仕組みを知って正しい認識を持つようにしてください。

確定申告の他のハウツーを見る

確定申告に寄せられた税務相談を見る

確定申告の申告遅れ

確定申告は毎年3月15日が期限だと思いますが、 仮に、申告期限が遅れた場合のペナルティーはどんなものがあるのでしょうか? 高い延滞利息が付いたり、税務調査が入...

税理士回答数 :  2 2014年06月16日 投稿

【震災関連】家財に対する雑損控除について

今回の震災により家屋及び家財が被災しました。 家屋については自治体より「一部損壊」の認定を受け罹災証明を保有しております。家財については一部食器類の破損、冷蔵庫...

税理士回答数 :  1 2014年06月16日 投稿

土地の売却、購入による確定申告の必要性

約30年前に3000万円で土地付一軒家をAが2/3名義で、娘Bが1/3名義にて購入しました。(実質は100%A所有) 昨年3500万円で売却、そこで、500万の...

税理士回答数 :  2 2014年06月16日 投稿

確定申告で繰越控除をする場合の配当金の扱いについて

確定申告についての質問です。 昨年は株の譲渡損が50万円あり、確定申告で繰越控除をしました。 今年は、株の取引はなく、上場会社の配当金が20万円あります。 確...

税理士回答数 :  1 2014年06月16日 投稿

不動産購入のために行った確定申告の修正申告

一昨年、昨年の修正申告の事で伺います。今年の2月に不動産購入を考え、不動産屋に妻400万以上を二期分つくるように言われ、専業主婦ですが、言われるままに申告しまし...

税理士回答数 :  1 2014年06月16日 投稿

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

ライター募集中!

税理士ドットコムは
ライターを募集しています。

募集要項を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

みんなの税務相談